1. 無料アクセス解析
■■■不当解雇などあってはならない■■■
労働者の方だけではなく。経営者の方もご覧ください。この社会から不当解雇をなくしたい。

puroro-gu.gif


札幌のある小さな出版社での話。

そこに、4年前新卒として入社する。創業してから、初めての営業職の新卒採用だった。
それなりに、給料もよく、仕事も楽しかったので難なく時が過ぎた。
この仕事は楽しく、お客には良くして貰った。とにかくがんばらなくてはと思い、まい進した。

そうして2007年10月、事件はおきた。 突然、社長が、事務員である妻と、経理の人間をリストラすると言い出した。しかも、給料日の締日、二日前に。

驚き、悔しがる女房。会社は、金無いから、給料払えないからと開き直る。ただ、非常に申し訳なさそうにしていたのが救い。私も、妻も、何で急なんだよ、と詰め寄るも諦める。
リストラならしかたない。妻は悲痛な思いで会社を去っていった。 が、退職後も納得のいかない妻は一つの結論を出す、このまま黙って後悔するなるくらいなら言う事だけは言う。と。

こうして、私たち夫婦×会社との闘争がはじまる 。そして、大事件と発展していく。

このブログは2008年より作成してますので日付と内容で多少ラグがあります
 私の体験を通じて、少しでも社会から不当な解雇を無くしたいと思います。皆さん、ご意見があればどんどんお寄せ下さい。

最新

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

不当解雇4-11 労働審判までの一日

本来であれば、労働審判は今日だった。というのは、相手からの答弁書提出の際、日にちの延期を要求されていたのだ。

3/17まで遠くで近い。

労働審判まであともう少し - livedoor Blog 共通テーマ
【2008/03/04 12:54】 | 第4章 新たな局面 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

不当解雇4-10 労働審判、最後の打ち合わせ

最後の打ち合わせをした。

整理した反論を説明し、労働審判当日の日程を確認した。

長かった。

私の正直な気持ち、それは、とにかく不当な解雇であったとわかってもらいたい。

それが先決である。とにかくこれにこだわりたい。

労働問題を抱えている方 - livedoor Blog 共通テーマ
【2008/02/25 12:48】 | 第4章 新たな局面 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

不当解雇4-9 労働審判、疑問

先生に疑問点を聞いた。今後、主張に対する証拠が入ってくるのだろうか。無いとして考えましょう、とのことだった。申立から一週間で答弁書が入ってくるとは思わなかったので手続き上追加で入ってくるのか疑問だったのだ。

そして、即時解雇だったようですね、と聞くと、どういうことなのか聞いてみますか?と意味ありげに答えてくれた。

私自身、自分の解雇をこんな適当にされて怒りがわく。そのときそのときでころころ変わる、一貫性の無さ。ふざけている、それが正直な感情だった。わたしがどういう気持ちで労働審判を申し立てたか分かっていないのであろう。

反論を作る、取り止めの無いものが出来上がると予想されるが、後は先生に任せてとにかく作る事に専念する。次の打ち合わせは25日。これが、申立までで最後の打ち合わせになるであろう。
気を引き締めた。

不当解雇 労働審判 - livedoor Blog 共通テーマ
【2008/02/18 12:12】 | 第4章 新たな局面 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

不当解雇4-8 労働審判の答弁書2

ポストに、先生の事務所の封筒が入っていた。これが答弁書か?と思いながら封筒を開けた。案の定、それだった。私自身、こちらの申立同様に膨大な証拠つきだと思っていたのではっきりいってびっくりした。入っていたのは、鑑をいれて5枚、正味4枚分で、添付証拠類0という内容。

内容を確認する。

衝撃を受けた。私の解雇は即時解雇だったようだ。
正直「?」と思った。11/6で解雇だと言ったり、12/6で解雇だと言ったり、今度は11/6で解雇だと言ったり。わけがわからない。

詳しいことは後日に回すが、概ね言いたいことは、「私の妻が解雇予告手当てを請求した、それで、私をその日に解雇した」「襟首をつかんだが暴行の意思はなかった」
「残業代のことはよく知らない」であった。それで労働審判は棄却を望むである。どれもこれも根拠が無く、意味不明。

早速反論を考えようと思ったが、わからない点が多いので月曜、先生に電話して確認してからにする。
【2008/02/17 11:59】 | 第4章 新たな局面 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

不当解雇4-7 労働審判の答弁書1

答弁書が来たという連絡が入った。そして、相手の弁護士が3/4が都合悪いということで3/17に、労働審判をずらして欲しいとの旨があった。満期限界までずらしたということであろう。引き伸ばしは予想していたので問題ないのだが、それにしても答弁書が早すぎる。ギリギリまで検討するのが筋だと思うのだが。よくわからない。


打ち合わせ前に家のほうに送るから反論を整理しとくようにという指示があった。締め切りは24日あたりのはずである。どういうことだ?とりあえず待つことにした。
【2008/02/14 11:47】 | 第4章 新たな局面 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。