1. 無料アクセス解析
■■■不当解雇などあってはならない■■■
労働者の方だけではなく。経営者の方もご覧ください。この社会から不当解雇をなくしたい。

puroro-gu.gif


札幌のある小さな出版社での話。

そこに、4年前新卒として入社する。創業してから、初めての営業職の新卒採用だった。
それなりに、給料もよく、仕事も楽しかったので難なく時が過ぎた。
この仕事は楽しく、お客には良くして貰った。とにかくがんばらなくてはと思い、まい進した。

そうして2007年10月、事件はおきた。 突然、社長が、事務員である妻と、経理の人間をリストラすると言い出した。しかも、給料日の締日、二日前に。

驚き、悔しがる女房。会社は、金無いから、給料払えないからと開き直る。ただ、非常に申し訳なさそうにしていたのが救い。私も、妻も、何で急なんだよ、と詰め寄るも諦める。
リストラならしかたない。妻は悲痛な思いで会社を去っていった。 が、退職後も納得のいかない妻は一つの結論を出す、このまま黙って後悔するなるくらいなら言う事だけは言う。と。

こうして、私たち夫婦×会社との闘争がはじまる 。そして、大事件と発展していく。

このブログは2008年より作成してますので日付と内容で多少ラグがあります
 私の体験を通じて、少しでも社会から不当な解雇を無くしたいと思います。皆さん、ご意見があればどんどんお寄せ下さい。

最新

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

不当解雇3-4 微かな光

この話を聞いてくれる弁護士が見つかった。早速、電話をしてあらすじを伝えると早急な対処が必要と言われた。そして、来週打ち合わせを入れていて貰えることになった。

会社からは相変わらず何も連絡は無い。

何とかなればいいのだ....。

強烈な不安を抱える毎日である。周りの人たちは、「忘れなさい」だとか「弁護士に相談しても無駄だって」とか言われていた。
だが、微かに光が見え始めた。そんな気がしている。
【2007/11/15 03:13】 | 第3章 絶望の日々 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

不当解雇3-3 不当解雇によるリスク

常務に電話をした。用件はすで警察官から伝わっていて、謝罪の件のみしか話さなかった。そして、会社に来るようにとも言われなかった。

一体、今自分の立場は何なんだろう?11/6でクビであるならば、離職票などもらわなくてはいけない。通知どうりクビでないなら引継ぎや残務処理もあるし、給料ももらえるはずだ。しかし、会社に来るようにとも言われるわけでもない。
私は在籍しているのだろうか。私と連絡がつかないわけでは無いし。こうして、接触する機会もあるわけだから。

常務とは仲良かったんだけどなぁ、私自身、完全に冷え切っていた。それは、結局、常務自身の責任でもある。彼が長い年月をかけて社長という人間を作ってきたのである。間違ったことを間違っていると言わないというクスリで。売上げが下がってきてから彼は責任者という理由だけで、給料5万円で働いているのである。単なる、登記だけの常務なのに。しかし、黙る、黙るを繰り返す毎日。それで、いつも、二人になるとよく私に愚痴を言っていた。今回の件のダメージを彼はわかっているはずである。

 
【2007/11/14 12:36】 | 第3章 絶望の日々 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

不当解雇3-2 事情聴取

今日は警察で事情を聞く日だ。
診断書、血の着いたティッシュ、スーツを持っていった。
写真を撮ったりしてかれこれ一時間くらいやりとりをした。
担当してくれた警察官は親切だった。そして、面白い事を聞いた。
この暴行事件では、謝罪と、病院代などいくばくかの金銭で話を付ける事、そして手続き上、社長には監督人をつけなくてはいけないことになっているのだが、其の監督人に娘がなったというのだ。
無職の娘をだ。馬鹿にされているのかなんのかわからないが、ありえないと思い、本当に監督できる人間を選任するようにと注文をつけた。そして、謝罪の日程を組むのに、常務と連絡をとるようにと警察官には指示された。

どうやら、社長は暴行事件前歴ありとして残ると言っていた。その後、中央署で指紋もとるらしい。

謝ってもらうくらいなら捕まって厳罰に処して欲しい。
【2007/11/12 12:12】 | 第3章 絶望の日々 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

不当解雇3-1 新たな局面へ

会社からは何も連絡は無い。あれだけのことをしたのだから当然といえば当然。こちらはクビになったわけで黙っていればいい。そう考えていた矢先だった。

会社から、一通の封筒が届いた。空けてみると、
「11/6の協議の末、11/6付けで解雇予告した」と書かれた封筒だった。
?????????

11/6でクビだといって追い出した発言はなんだったんだろう?そう、これは、解雇予告金を払いたくないばっかりに今度は1ヶ月前に言いましたからと前置きしてきたんだ。あまりにも安っぽい正当化に吐き気がした。じゃ、私は無断欠勤というのか?連絡一つよこさずに。暴行してたたき出したくせに。

これこそ、許さない。謝罪の一つでも入れてくるかと思った私がバカだった。

女房と相談して、結論がでた。

訴えよう。


ありとあらゆるつてを使って、受けてくれる弁護士を探すことにした。知り合いづてに労働事件を受けてくれる先生はなかなかいないと言われた。それでも探した。妻の代理人を引き受けてくれた先生はあえて頼まないことにした。なぜなら、妻はまだ解雇予告金を受け取っていない。そして妻は妻、私は私だからだ。これは絶対に崩したくなかった。それは私たち二人を一食短として考えている会社側の思う壺だと思ったからだ。

あせりはあったが必ず見つかると信じた。

そして、いつ見つかっても良いようにこの事件の整理を始めた。
【2007/11/07 07:55】 | 第3章 絶望の日々 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
前ページ | ホーム |
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。