1. 無料アクセス解析
■■■不当解雇などあってはならない■■■
労働者の方だけではなく。経営者の方もご覧ください。この社会から不当解雇をなくしたい。

puroro-gu.gif


札幌のある小さな出版社での話。

そこに、4年前新卒として入社する。創業してから、初めての営業職の新卒採用だった。
それなりに、給料もよく、仕事も楽しかったので難なく時が過ぎた。
この仕事は楽しく、お客には良くして貰った。とにかくがんばらなくてはと思い、まい進した。

そうして2007年10月、事件はおきた。 突然、社長が、事務員である妻と、経理の人間をリストラすると言い出した。しかも、給料日の締日、二日前に。

驚き、悔しがる女房。会社は、金無いから、給料払えないからと開き直る。ただ、非常に申し訳なさそうにしていたのが救い。私も、妻も、何で急なんだよ、と詰め寄るも諦める。
リストラならしかたない。妻は悲痛な思いで会社を去っていった。 が、退職後も納得のいかない妻は一つの結論を出す、このまま黙って後悔するなるくらいなら言う事だけは言う。と。

こうして、私たち夫婦×会社との闘争がはじまる 。そして、大事件と発展していく。

このブログは2008年より作成してますので日付と内容で多少ラグがあります
 私の体験を通じて、少しでも社会から不当な解雇を無くしたいと思います。皆さん、ご意見があればどんどんお寄せ下さい。

最新

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

第5章 5-8 労働審判結審

たくさんの応援やお言葉を頂き、心よりお礼を申し上げます。

少々、パソコンの前から離れていました。実は、第二回審理直前で相手方より、膨大な証拠、主張が提出されたのです。裁判所で指定された期日を過ぎてからの提出であったため、連日徹夜に近い状態でした。 訪問していただいた方がにはご迷惑をおかけし申し訳ありませんでした。

さて、本日はご報告があります。

結論から言いますと

勝訴いたしました。

私なりに満足のいく形で。

詳しいことは、後日アップしていきたいと思います。その前に結審を向かえた、今の思いを率直に書きたいと思います。

第二回で結審したのは、正直言って驚いています。和解ではなく結審と言う形です。つまり、審判官が判決を下したのです。私自身はまったく、予想もしていませんでした。

審判官が
「審判を下します・・・・・・。主文・・・・・・」
といいが目つぶりました。そのとき、時間が突如止まったような感覚を覚え、頭の中のあらゆる思いも止まった気がしました。

「1、申立人は本日をもって退職とする」「2、相手方は150万円支払え」「3、・・・・・」この時点で、心の霧が一瞬で晴れたのを忘れることが出来ません。熱いものがこみ上げ、傍聴席を振り返りに女房に目で「勝った」と激しく叫びました。そして、相手方が直ちに席を立ったのを見て、また、時が元に戻りました。

横を見ると先生も「事実上の勝訴です。さぁ、事務所に戻りましょう。」と笑っていました。

一日たっても尚、このときの不思議な感覚、そして、こみ上げてきたものをありありと思い出すことが出来ます。今、自分は間違ってはいなかったという確信、闘い抜いたという達成感、そして、苦労かけた女房の笑顔をみると、自分に自信がわいてくるのを実感できます。知らず知らずに胸を張っている自分に。

今だけは、この高揚感に浸らせてください。

 

ここで、事件勃発からこの審判の結審を通し総括していきたいと思います。もう少々お付き合いください。

事件当初、私は、社会に疑問を感じ、相手方にある種憎しみすら覚えていたと思う。訴えるといきまく自分に対し周りは「もういいでしょ、相手にするんじゃない」 「はやく新しい道を探しなさい」となだめられていた。つまり応援はしてくれていなかった。今思うと、そういった思いにとらわれている自分に対して心配するのは至極当然だった。

苦しかった。辛かった。自分の恨みを晴らすと言うだけで周りを巻き添えにしている。そんな自分に対して憤りさえ感じるときもあった。妻に対して、心無い言葉を浴びせたこともあった。

本当に暗く苦しい時間だった。

それが、ある時、この事件の本質を考えるようになった。きっかけは時間だった。一ヶ月、二ヶ月とたち、先生と何度も打ち合わせを重ね、事件を整理していくだびに、その本質が見えてきた。

そう、「こんな事件はあってはならない、自分だけでいい」

この思いを導き出してから、たくさんの人たちが応援してくれた。「理不尽なことはゆるすべきではない」といってくれた。そして、何かしらの使命感をこの胸に感じた。

日々の生活で当然不安はあったが、この事件に対する思いが変わったこで悲壮感が無くなった。そして、なにより大きいのは客観的にものが見れるようになった。相手方の主張が入ったときや、証拠の提出があったとき。

このときには恨みだとか、憎しみだとか一切無く純粋に不当な解雇を確信したいと言う気持ちしかなかった。

使用者と労働者、それは契約である。取引であると言っている人がいた。だから、多少こことならお互いのために穏便が一番。確かにそれはいえる、労働契約というだけあって。しかし、会社と言うのは人と人の信頼関係で成り立っている。本来、信頼関係があれば規則や、法律などいらないのであって、信頼関係は誠実なものどうしで成り立つものである。つまり、お互い、その誠実さをはきちがってはなら無いことが前提ではないだろうか。

いっても私は相手方の会社に勤めた。会社のために努力した。そして、かつて相手方の暖かさを感じたのも事実である。
私は最後の最後まで、相手方の誠実さに期待した。相手方自身が気づき自身を見つめなおすことを。
誠実な解雇手続きをせず、暴行に対して誠実な謝罪も無く、誠実な主張もなかった。

それでも期待をした。ギリギリまで。

 冒頭で書いたように、紆余曲折があり審判当日もめまぐるしく状況が変わる中、突然の審判と、予想外のいきさつがあった。
相手方は、誠実に当審判に向かいあうことなく、見苦しいほどのもがきを見せたことが審判団の心証にも響いたのだろう。
そして、なによりその誠実の無さが私の心に迷いを無くさしたのであった。

つまり、「不当な解雇手続きであったと確信したい、それでいい」と。
私は審判団にそう答えた。

当日この審判の意味を相手方が再確認させてくれたのだ。

 最後に、語りつくせぬ壮絶な半年間だった。もちろん、妻を含め、周りに人たちにも迷惑をかけた。こころよりお礼を言いたい。

そして、この結果になった最大の要因は、気持ちである。気持ちは人に伝わり人を動かすと言うことだ。この事件を通しそれを見れただけでも価値あることだと思う。妻はもちろん、親、友達、このブログを通しあたたかいコメントをくれる人達、もしかしたら担当してくれた弁護士さんや、審判団の方たちも・・・・・。
私はそう信じたい。

本当にありがとうございました。

この事実を伝えたい。思いを伝えたい。それは一生変わらないだろう。

地位確認等の労働審判を終えて

管理人

 

 

不当解雇撲滅に一票!

 

 

 

スポンサーサイト
【2008/04/26 13:07】 | 第5章 労働審判 | トラックバック(0) | コメント(13) | page top↑
<<北海道新聞で紹介されました。 | ホーム | 名前の由来>>
コメント
muttamanさんのような方がいて、すこしづつ良い方に社会が変わっていくと思います。がんばってください。
【2008/04/26 13:35】 URL | 富山市中心街通信の管理人 #-[ 編集] | page top↑
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/04/27 14:15】 | #[ 編集] | page top↑
こんにちは、GaOです♪

半年間お疲れ様でした。
そして、勝訴おめでとうございます!

>「こんな事件はあってはならない、自分だけでいい」
僕も心からそう思います。

僕らの貴重な経験が、他の誰かのお役に立てたら・・・
そんな風に考えています。

【2008/04/28 11:14】 URL | GaO #-[ 編集] | page top↑
本当におめでとうございます
(≧ε≦●)ノ彡


やっぱり正義は勝つ!!!

他にも泣き寝入りしている方が
たくさんいる世の中だと思います!

ぜひぜひ情報発信をこれからも
続けて下さい!!


本当によかったです(^ー^* )
【2008/04/28 14:25】 URL | ままJapan #B7q/.fmY[ 編集] | page top↑
おめでとうございます。
勝訴!おめでとうございます。
半年と言えど・・・長い戦い、お疲れ様でした。

勝訴と聞くと・・・何だか元気を頂いた様に感じてます。
有り難うございます。

これからも、同じ様な境遇の方々への勇気付けのために、頑張って発信を続けて下さいね。
【2008/04/28 18:46】 URL | KAZU-PaPa #TPtHYRuw[ 編集] | page top↑
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/04/28 23:12】 | #[ 編集] | page top↑
おめでとうございます
そしてお疲れ様です。
細かいことは別として
私も裁判の経験があるのですが
どれだけー面倒くさいか・・・
勝ちましたけど
あんなめんどくさいこと2度としたくない
と思いました。
正義は勝つとは言っても
実社会はそういう構造になってるのかな
現実はそうとばかりはいえない中で
今回いい結果が出てよかったなと
心から思います。
今の日本の雇用習慣って矛盾だらけで
だから本来の理想をいうと
裁判にならないような社会になって欲しい。
自分の子供、や孫の時代は
教科書どおりの雇用関係になれば
いいなと思いました。
だらだら書いてすみません
ホントにお疲れ様でした。
【2008/04/28 23:56】 URL | あい #.wkWn3KA[ 編集] | page top↑
勇気ある行動に感服です。
muttamanさんの争った会社はオーナー会社のようですが、大きな会社も同じで理不順な配転、パワハラ等経営陣の能力不足を棚に上げ、労働者への付回し、しわ寄せされているのが現状です。わたしも理不順な配転命令でやめたんですがね。
【2008/04/29 11:45】 URL | ななかまど #-[ 編集] | page top↑
今の日本がこんな世の中になったのも日本人がおかしいことに対しておかしいと言わなくなったせいだと思います。そういう意味では自分も卑怯者でした。前のコメントのななかまどさんが言っているように私も大企業にいましたが、中途採用ゆえ不当な差別を散々受けて来ました。まだまだ戦いは続くと思いますが応援します。自分もこれからは戦っていこうと思います。他人になんと言われても。
【2008/04/30 22:12】 URL | fw1959 #-[ 編集] | page top↑
 指名解雇による整理解雇については事前に、従業員に対し、人員整理がやむをえない事情などを説明して協力を求める努力をしなければならず、かつ、希望退職者募集の措置を採るなどは経営スタッフとしては当然のことであり常識である。
 整理解雇であるのならば、その条件があり、十分なる説明とその台帳等の証拠書類が必要ですね。
突如通告した解雇は、労使間の信義則に反し、解雇権の濫用として無効であることは審判を煽るまでもないことと考えます。
審判勝訴は当然なことと思います。審判を理解していない被告は社会人として又、経営者として成り立つこと事態、不思議に感じます。
北海道札幌市の会社経営者としてレベル教育が必要ではないのか。商工会か他の団体に所属をしていることと思われるが、経営のいろはを学ぶべきでしょう。
地に落ちた経営者は賠償をして去るべきですね。
【2008/05/01 00:13】 URL | 北海道大衆倶楽部 #-[ 編集] | page top↑
納得いく形で終わられてよかったですね!
ブログを読ませていただいた限り様々な
苦労があったと思います。
しかし、新しい1歩のためにどうしても心の中
のもやもやそいうったものを解決していかねば
ずっと前に進めなくなったかもしれません。
これからもお互い頑張りましょう。
【2008/05/01 17:27】 URL | 加藤チャラ #-[ 編集] | page top↑
道新を読んで拝見させていただきました。

お疲れ様でした。と心の底からお伝えしたいです。
私も2年前に、同じように朝礼後に社長室に呼ばれ、即日解雇を言い渡されました。
解雇理由は、「売上低減により専門技術職の雇用は困難になった。」とのことでしたが
実際は、上の乱脈経営に常に反発していた疎まし人物を、処分した形でした。
追放後、調停や裁判も考えましたが、連中を立ち上がれ無いほど追い込むには
経済的制裁しかないと考え、上司と共に会社を立ち上げました。現在は、前職場の顧客
6割を抱え、売上の7割を奪い取りました。前職場の半期決済後に銀行の動きがあると
残っている社員から教えて貰い、とりあえず1つの目的が達成しそうです。
【2008/05/04 10:02】 URL | らるごん #V5TnqLKM[ 編集] | page top↑
一連の流れ、拝見させて頂きました。
経営陣の打算的な考え方を改める一つのきっかけになったのではないでしょうか?
その点でも、あなたのされた行動の社会的な価値は大きいと思います。

お見受けしたところ、私と同じ年代の方だと思いますが、よく勉強されて冷静に対処されていて本当に素晴らしいです。

今はゆっくりと休まれて、
今後は新しい職場での奮闘記をきかせて頂ければありがたいです。

とにかく、本当におめでとうございます。
そして、お疲れ様でした。
【2008/05/08 19:08】 URL | takatakago #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://futokaiko.blog82.fc2.com/tb.php/63-b7bd6d67
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。