FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析
■■■不当解雇などあってはならない■■■
労働者の方だけではなく。経営者の方もご覧ください。この社会から不当解雇をなくしたい。

puroro-gu.gif


札幌のある小さな出版社での話。

そこに、4年前新卒として入社する。創業してから、初めての営業職の新卒採用だった。
それなりに、給料もよく、仕事も楽しかったので難なく時が過ぎた。
この仕事は楽しく、お客には良くして貰った。とにかくがんばらなくてはと思い、まい進した。

そうして2007年10月、事件はおきた。 突然、社長が、事務員である妻と、経理の人間をリストラすると言い出した。しかも、給料日の締日、二日前に。

驚き、悔しがる女房。会社は、金無いから、給料払えないからと開き直る。ただ、非常に申し訳なさそうにしていたのが救い。私も、妻も、何で急なんだよ、と詰め寄るも諦める。
リストラならしかたない。妻は悲痛な思いで会社を去っていった。 が、退職後も納得のいかない妻は一つの結論を出す、このまま黙って後悔するなるくらいなら言う事だけは言う。と。

こうして、私たち夫婦×会社との闘争がはじまる 。そして、大事件と発展していく。

このブログは2008年より作成してますので日付と内容で多少ラグがあります
 私の体験を通じて、少しでも社会から不当な解雇を無くしたいと思います。皆さん、ご意見があればどんどんお寄せ下さい。

最新

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

不当解雇3-3 不当解雇によるリスク

常務に電話をした。用件はすで警察官から伝わっていて、謝罪の件のみしか話さなかった。そして、会社に来るようにとも言われなかった。

一体、今自分の立場は何なんだろう?11/6でクビであるならば、離職票などもらわなくてはいけない。通知どうりクビでないなら引継ぎや残務処理もあるし、給料ももらえるはずだ。しかし、会社に来るようにとも言われるわけでもない。
私は在籍しているのだろうか。私と連絡がつかないわけでは無いし。こうして、接触する機会もあるわけだから。

常務とは仲良かったんだけどなぁ、私自身、完全に冷え切っていた。それは、結局、常務自身の責任でもある。彼が長い年月をかけて社長という人間を作ってきたのである。間違ったことを間違っていると言わないというクスリで。売上げが下がってきてから彼は責任者という理由だけで、給料5万円で働いているのである。単なる、登記だけの常務なのに。しかし、黙る、黙るを繰り返す毎日。それで、いつも、二人になるとよく私に愚痴を言っていた。今回の件のダメージを彼はわかっているはずである。

 
スポンサーサイト
【2007/11/14 12:36】 | 第3章 絶望の日々 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<不当解雇3-4 微かな光 | ホーム | 不当解雇3-2 事情聴取>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://futokaiko.blog82.fc2.com/tb.php/29-2f2ff3b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。