1. 無料アクセス解析
■■■不当解雇などあってはならない■■■
労働者の方だけではなく。経営者の方もご覧ください。この社会から不当解雇をなくしたい。

puroro-gu.gif


札幌のある小さな出版社での話。

そこに、4年前新卒として入社する。創業してから、初めての営業職の新卒採用だった。
それなりに、給料もよく、仕事も楽しかったので難なく時が過ぎた。
この仕事は楽しく、お客には良くして貰った。とにかくがんばらなくてはと思い、まい進した。

そうして2007年10月、事件はおきた。 突然、社長が、事務員である妻と、経理の人間をリストラすると言い出した。しかも、給料日の締日、二日前に。

驚き、悔しがる女房。会社は、金無いから、給料払えないからと開き直る。ただ、非常に申し訳なさそうにしていたのが救い。私も、妻も、何で急なんだよ、と詰め寄るも諦める。
リストラならしかたない。妻は悲痛な思いで会社を去っていった。 が、退職後も納得のいかない妻は一つの結論を出す、このまま黙って後悔するなるくらいなら言う事だけは言う。と。

こうして、私たち夫婦×会社との闘争がはじまる 。そして、大事件と発展していく。

このブログは2008年より作成してますので日付と内容で多少ラグがあります
 私の体験を通じて、少しでも社会から不当な解雇を無くしたいと思います。皆さん、ご意見があればどんどんお寄せ下さい。

最新

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

不当解雇3-5 逆撫で

常務から電話が来た。
「暴行事件の謝罪を無しにしてほしい。社長が直接会いたくないと言っている。で今後のことは弁護士に任せたから、わからないことがあれば弁護士に電話してほしい。」

私から連絡するなどどういう了見かさっぱりわからない。被害者意識の逆撫でとはこのことである。示談交渉で被害者から連絡をするなんて聞いたことがない。まぁいい。彼らが選んだ選択であるので何も言わなかった。もうこのときには期待する無駄かもしれない。そういう感情しかなかったのだから。ちなみに、この時も、出社については何も触れなかった。重要な件の優先順位が違うのではないか?私の顧客も困っているであろうに。「経営なんて二の次だ、自分の身を守らねば」そういう発想だろう。自分の顧客が心配だ。

すぐさま警察に電話して、話の成り行きを伝えた。警察官は「また、呼んでどういうことか聞いておく。」そういっていた。この件は警察に任せることにした。

スポンサーサイト
【2007/11/15 15:38】 | 第3章 絶望の日々 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<不当解雇3-6 弁護士 | ホーム | 不当解雇3-4 微かな光>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://futokaiko.blog82.fc2.com/tb.php/27-f3f8be3e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。