1. 無料アクセス解析
■■■不当解雇などあってはならない■■■
労働者の方だけではなく。経営者の方もご覧ください。この社会から不当解雇をなくしたい。

puroro-gu.gif


札幌のある小さな出版社での話。

そこに、4年前新卒として入社する。創業してから、初めての営業職の新卒採用だった。
それなりに、給料もよく、仕事も楽しかったので難なく時が過ぎた。
この仕事は楽しく、お客には良くして貰った。とにかくがんばらなくてはと思い、まい進した。

そうして2007年10月、事件はおきた。 突然、社長が、事務員である妻と、経理の人間をリストラすると言い出した。しかも、給料日の締日、二日前に。

驚き、悔しがる女房。会社は、金無いから、給料払えないからと開き直る。ただ、非常に申し訳なさそうにしていたのが救い。私も、妻も、何で急なんだよ、と詰め寄るも諦める。
リストラならしかたない。妻は悲痛な思いで会社を去っていった。 が、退職後も納得のいかない妻は一つの結論を出す、このまま黙って後悔するなるくらいなら言う事だけは言う。と。

こうして、私たち夫婦×会社との闘争がはじまる 。そして、大事件と発展していく。

このブログは2008年より作成してますので日付と内容で多少ラグがあります
 私の体験を通じて、少しでも社会から不当な解雇を無くしたいと思います。皆さん、ご意見があればどんどんお寄せ下さい。

最新

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

不当解雇3-6 弁護士

ついに、見つかった弁護士さんと会う日が来た。はたして、受けてくれるか。それ以前に話を聞いてくれるか。不安と期待が混ざりあり複雑な気持ちで向かった。妻と一緒に行ったのだが妻も同じ気持ちであった。

「はじめまし」笑顔で迎えてくれた。整理したノートを見せ一生懸命説明した。思いのたけを全て話した。とにかく、自分たちの悔しさをぶつけた。神妙な面持ちで聞いていた弁護士さん(これからは先生と呼ぶ)は「早速、手を打ちましょう。」と言ってくれた。
そして、どういう手でこの件を処理するかを考えます、言ってくれた。

まずは、解雇理由の提示を会社に請求する、それが先決だということで次に日も事務所で打ち合わせる約束をした。着手金の支払いと委任契約も明日することになった。話を聞いてもらい「客観的に解雇は無効であろう」といってくれたもらったことで、気付くと家路につく足取りも軽くなっていた。
さて、明日から本格的に会社と全面対決となる。ついにこの時がきた。

第4章へ
スポンサーサイト
【2007/11/16 13:30】 | 第3章 絶望の日々 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<不当解雇3-7 解雇理由 | ホーム | 不当解雇3-5 逆撫で>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://futokaiko.blog82.fc2.com/tb.php/26-198d29db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。