1. 無料アクセス解析
■■■不当解雇などあってはならない■■■
労働者の方だけではなく。経営者の方もご覧ください。この社会から不当解雇をなくしたい。

puroro-gu.gif


札幌のある小さな出版社での話。

そこに、4年前新卒として入社する。創業してから、初めての営業職の新卒採用だった。
それなりに、給料もよく、仕事も楽しかったので難なく時が過ぎた。
この仕事は楽しく、お客には良くして貰った。とにかくがんばらなくてはと思い、まい進した。

そうして2007年10月、事件はおきた。 突然、社長が、事務員である妻と、経理の人間をリストラすると言い出した。しかも、給料日の締日、二日前に。

驚き、悔しがる女房。会社は、金無いから、給料払えないからと開き直る。ただ、非常に申し訳なさそうにしていたのが救い。私も、妻も、何で急なんだよ、と詰め寄るも諦める。
リストラならしかたない。妻は悲痛な思いで会社を去っていった。 が、退職後も納得のいかない妻は一つの結論を出す、このまま黙って後悔するなるくらいなら言う事だけは言う。と。

こうして、私たち夫婦×会社との闘争がはじまる 。そして、大事件と発展していく。

このブログは2008年より作成してますので日付と内容で多少ラグがあります
 私の体験を通じて、少しでも社会から不当な解雇を無くしたいと思います。皆さん、ご意見があればどんどんお寄せ下さい。

最新

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

不当解雇3-7 解雇理由

早速、作成してくれた解雇理由提示書(書面には通知書とある)を見せていただいた。内容はコンパクトにまとまっているものの非常に綺麗な文体で昨日はなした内容がすべて盛り込まれたもの。さすがだなぁと感嘆してまった。その中にはもちろん、暴行事件のことや即時解雇後の解雇通知を説明させる問いも含まれている。こちらを参照ちなみに、事件以降、会社への出社要請はない。辞める意思のないことも入っている。

さて、これに対してどう答えてくるだろう。労働者が解雇理由を求めた場合、必ず答える義務が会社にはある。(労働基準法22条1項、2項)この内容で早速送ってもらうことにした。

これにより、解雇が確定されたとしての次の手の打ち合わせをした。

いくつが方法があるのだが、今回の場合一番得策なのが「労働審判」と言う制度であるという。その制度の説明を受け、会社側が解雇を向こうと考えているのか、有効と考えているのか、明確にしないということを視野に入れ「地位確認の訴え」に関する全委任をお願いした。、解雇を受けた時点で訴える意思はあったので即決でお願いした。また、暴行事件の慰謝料も含んで受けてもらうことになった。労働審判の制度は後日、ここで説明したいと思う。聞いたところ、私以外の労働問題に悩んでいる方にも是非活用していただきたい制度である。

とりあえず、相手の出方を見ないと次にすすまないので待つことにする。早急に答えるようにとの旨が盛り込まれているので時間は掛からないだろう。私の立場がわからないというのは非常に苦痛である。会社にはまずこの気持ちをわかってもらいたい。
スポンサーサイト
【2007/11/16 15:39】 | 第3章 絶望の日々 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<不当解雇3-8 解雇理由の回答 | ホーム | 不当解雇3-6 弁護士>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://futokaiko.blog82.fc2.com/tb.php/25-325831f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。