1. 無料アクセス解析
■■■不当解雇などあってはならない■■■
労働者の方だけではなく。経営者の方もご覧ください。この社会から不当解雇をなくしたい。

puroro-gu.gif


札幌のある小さな出版社での話。

そこに、4年前新卒として入社する。創業してから、初めての営業職の新卒採用だった。
それなりに、給料もよく、仕事も楽しかったので難なく時が過ぎた。
この仕事は楽しく、お客には良くして貰った。とにかくがんばらなくてはと思い、まい進した。

そうして2007年10月、事件はおきた。 突然、社長が、事務員である妻と、経理の人間をリストラすると言い出した。しかも、給料日の締日、二日前に。

驚き、悔しがる女房。会社は、金無いから、給料払えないからと開き直る。ただ、非常に申し訳なさそうにしていたのが救い。私も、妻も、何で急なんだよ、と詰め寄るも諦める。
リストラならしかたない。妻は悲痛な思いで会社を去っていった。 が、退職後も納得のいかない妻は一つの結論を出す、このまま黙って後悔するなるくらいなら言う事だけは言う。と。

こうして、私たち夫婦×会社との闘争がはじまる 。そして、大事件と発展していく。

このブログは2008年より作成してますので日付と内容で多少ラグがあります
 私の体験を通じて、少しでも社会から不当な解雇を無くしたいと思います。皆さん、ご意見があればどんどんお寄せ下さい。

最新

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

不当解雇3-8 解雇理由の回答

先生から3枚のFAXが届いた。
解雇理由が提示されたのだ。送付人は会社の顧問弁護士からだ。

早速、中身を確認する。感想は一言めちゃくちゃな内容だった。
解雇理由には、成績が悪い(実際にはそんなことはない)、会社の売り上げが悪い、等、11/6の事件には触れずただ言い訳が並べれられたものである。しかも、経営状態が悪く妻の延長線上の解雇であるとの旨があった。どこの変が延長線上かわからないがとにかく虚偽の内容であった。


文にまとまりがなく、社長が使いそうな言い回しなので8割が社長が作ったものであるのは明白だ。法律的なことはわからないが、どうも不備が多そうな内容である。(誤字もあるし)


結局、回答で、解雇は有効と考えているようだ。

追っかけ、先生に電話をした。反論を整理しとくようにと指示され次回の打ち合わせの日程を決めた。回答書としてはよくあるタイプのものらしい。つまり、私が感じたのは都合の悪い論点をずらし解雇を正当化しようとしているだけのもである。その証拠として、12/6まで在籍のはずだが出社の要請はここでもされていない。されていないどころかそこの質問に回答がない。

そこまで社に来てほしくないのか?
スポンサーサイト
【2007/11/21 01:24】 | 第3章 絶望の日々 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<不当解雇3-9 終了そして大きな矛盾点 | ホーム | 不当解雇3-7 解雇理由>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://futokaiko.blog82.fc2.com/tb.php/24-41db3c89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。