1. 無料アクセス解析
■■■不当解雇などあってはならない■■■
労働者の方だけではなく。経営者の方もご覧ください。この社会から不当解雇をなくしたい。

puroro-gu.gif


札幌のある小さな出版社での話。

そこに、4年前新卒として入社する。創業してから、初めての営業職の新卒採用だった。
それなりに、給料もよく、仕事も楽しかったので難なく時が過ぎた。
この仕事は楽しく、お客には良くして貰った。とにかくがんばらなくてはと思い、まい進した。

そうして2007年10月、事件はおきた。 突然、社長が、事務員である妻と、経理の人間をリストラすると言い出した。しかも、給料日の締日、二日前に。

驚き、悔しがる女房。会社は、金無いから、給料払えないからと開き直る。ただ、非常に申し訳なさそうにしていたのが救い。私も、妻も、何で急なんだよ、と詰め寄るも諦める。
リストラならしかたない。妻は悲痛な思いで会社を去っていった。 が、退職後も納得のいかない妻は一つの結論を出す、このまま黙って後悔するなるくらいなら言う事だけは言う。と。

こうして、私たち夫婦×会社との闘争がはじまる 。そして、大事件と発展していく。

このブログは2008年より作成してますので日付と内容で多少ラグがあります
 私の体験を通じて、少しでも社会から不当な解雇を無くしたいと思います。皆さん、ご意見があればどんどんお寄せ下さい。

最新

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

不当解雇5-5 労働審判 暴行事件にけりがつく

以前暴行事件で担当していただいた警察官から電話が来た。

その後どうなりました?と言われたが、こちらがどうなったか聞きたいというのが率直な思いだった。

私はあれからの経緯を淡々と話した。もちろん、実費分を支払うとの話も反故にされていること。この労働審判での、相手方は暴行はしていないと言っていることも伝えた。すると、警察官はそれはいかんといった様子で、加害者である相手方に聞くからと言った。

それから1時間あまりして、再度警察官から連絡が来た。

「相手方は、実費分の支払いをしたくても出来なかったという言い訳をしている、弁護士と相談しながら進めているんだというからその弁護士にも電話して聞いたら、何のことかよくわからん。と言っていたから、もう一度ヤキだわ。」と言って来た。

相手方は、逃げたり、弁護士のせいにしたりと結局は責任逃れしかなく、被害者感情を逆なですることしかない。もし、仮に弁護士の指示で、この事件の処理をしているのなら相手方の不利になるように仕向けているとしか思えない。そんなことはありえなく、相手方は弁護士との信頼関係すら崩壊しているのかと窺えた。相手方は弁護士に「被害者と直接会うのは危険だ」というようなことを言われたから、謝罪できなかったと言い訳したらしいのだが、その弁護士にどう危険のなのか?聞きたいところである。まぁ単なる相手方の一人相撲にしか過ぎないだろうが。

警察官が、「罪を認めて、支払うものを済ましたら厳罰にしないということでいいかい?」と聞いてきたので「わかりました、ただ慰謝料の請求はこの労働審判で行うということにしてください。また、認めないとか言い出さないように、謝罪の証としてまずは病院代、タクシー代を支払うことを優先すると」そう伝え、また、一時間ほどして、電話が来て、「相手方は認めると、そして、家族を監督人にしたうえで、実費分を振り込むということでまとめたから」と報告を受けた。


これで、自ら提出した答弁書も嘘になる。本来は認めないと主張していたのだから。しかも、審判が始まってから示談なんて心証が悪くなる。

これで、刑事事件のほうはけりがついた。この件は、先生にとっても任せると言われているので後で報告することにする。 



労働審判、その日まで - livedoor Blog 共通テーマ
スポンサーサイト
【2008/03/25 13:27】 | 第5章 労働審判 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<足あと設置しました | ホーム | 不当解雇5-2労働審判の宿題>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://futokaiko.blog82.fc2.com/tb.php/2-7fb56e5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。