FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析
■■■不当解雇などあってはならない■■■
労働者の方だけではなく。経営者の方もご覧ください。この社会から不当解雇をなくしたい。

puroro-gu.gif


札幌のある小さな出版社での話。

そこに、4年前新卒として入社する。創業してから、初めての営業職の新卒採用だった。
それなりに、給料もよく、仕事も楽しかったので難なく時が過ぎた。
この仕事は楽しく、お客には良くして貰った。とにかくがんばらなくてはと思い、まい進した。

そうして2007年10月、事件はおきた。 突然、社長が、事務員である妻と、経理の人間をリストラすると言い出した。しかも、給料日の締日、二日前に。

驚き、悔しがる女房。会社は、金無いから、給料払えないからと開き直る。ただ、非常に申し訳なさそうにしていたのが救い。私も、妻も、何で急なんだよ、と詰め寄るも諦める。
リストラならしかたない。妻は悲痛な思いで会社を去っていった。 が、退職後も納得のいかない妻は一つの結論を出す、このまま黙って後悔するなるくらいなら言う事だけは言う。と。

こうして、私たち夫婦×会社との闘争がはじまる 。そして、大事件と発展していく。

このブログは2008年より作成してますので日付と内容で多少ラグがあります
 私の体験を通じて、少しでも社会から不当な解雇を無くしたいと思います。皆さん、ご意見があればどんどんお寄せ下さい。

最新

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

不当解雇3-9 終了そして大きな矛盾点

常務から電話が来た。内容は、荷物を取りにくるようにという内容であった。

誰もいない状況にしておくとも言っていた。

会社に着き、車庫を見ると私の乗っていた社用車がなくなっていた。
そして、会社に入ると、荷物が全てまとめられていた。私は、あくまでも解雇は無効である旨を話し、必要なものしか持っていかなかった。常務は、別段返事はなかった。
私が集めていた雑誌などはそのまま置いていった。大事なもの以外は置いていった。あくまでも解雇は無効で戻るべき会社だ。もし最終的に解雇無効でそして、退社という判決が出たら私物は返還してもらう。

車の事を聞くと売ったといっていた。当然、常務は、直接会っても出社の命令はなかった。

矛盾点。会社は、12/6づけで解雇としておきながら私の荷物は全てまとめ取に来い、私が独占で乗っていた車は売った。しかも売ったのは11/9だと言っていた。つまり、これは、即時解雇以外何ものでもない。もし、在籍しているのであれば、いつ戻してもいいようにしておくであろう。戻すつもりがない。それが即時解雇。解雇予告は虚偽としか言いようがないであろう。少なくても11/26以降はいては困ると言うことになるであろう。
そして、私はいつから会社に来ればよいのかという相談を、解雇理由と一緒に持ちかけている。それに、答えない時点で、「あいつが来る気がないから、戻さないんだ」と言う理由は通用しない。
うそだらけ。一体、私の地位とは何なんであろう。

これより、労働審判手続きという方向がハッキリした。


スポンサーサイト
【2007/11/26 06:35】 | 第3章 絶望の日々 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

不当解雇3-8 解雇理由の回答

先生から3枚のFAXが届いた。
解雇理由が提示されたのだ。送付人は会社の顧問弁護士からだ。

早速、中身を確認する。感想は一言めちゃくちゃな内容だった。
解雇理由には、成績が悪い(実際にはそんなことはない)、会社の売り上げが悪い、等、11/6の事件には触れずただ言い訳が並べれられたものである。しかも、経営状態が悪く妻の延長線上の解雇であるとの旨があった。どこの変が延長線上かわからないがとにかく虚偽の内容であった。


文にまとまりがなく、社長が使いそうな言い回しなので8割が社長が作ったものであるのは明白だ。法律的なことはわからないが、どうも不備が多そうな内容である。(誤字もあるし)


結局、回答で、解雇は有効と考えているようだ。

追っかけ、先生に電話をした。反論を整理しとくようにと指示され次回の打ち合わせの日程を決めた。回答書としてはよくあるタイプのものらしい。つまり、私が感じたのは都合の悪い論点をずらし解雇を正当化しようとしているだけのもである。その証拠として、12/6まで在籍のはずだが出社の要請はここでもされていない。されていないどころかそこの質問に回答がない。

そこまで社に来てほしくないのか?
【2007/11/21 01:24】 | 第3章 絶望の日々 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

不当解雇3-7 解雇理由

早速、作成してくれた解雇理由提示書(書面には通知書とある)を見せていただいた。内容はコンパクトにまとまっているものの非常に綺麗な文体で昨日はなした内容がすべて盛り込まれたもの。さすがだなぁと感嘆してまった。その中にはもちろん、暴行事件のことや即時解雇後の解雇通知を説明させる問いも含まれている。こちらを参照ちなみに、事件以降、会社への出社要請はない。辞める意思のないことも入っている。

さて、これに対してどう答えてくるだろう。労働者が解雇理由を求めた場合、必ず答える義務が会社にはある。(労働基準法22条1項、2項)この内容で早速送ってもらうことにした。

これにより、解雇が確定されたとしての次の手の打ち合わせをした。

いくつが方法があるのだが、今回の場合一番得策なのが「労働審判」と言う制度であるという。その制度の説明を受け、会社側が解雇を向こうと考えているのか、有効と考えているのか、明確にしないということを視野に入れ「地位確認の訴え」に関する全委任をお願いした。、解雇を受けた時点で訴える意思はあったので即決でお願いした。また、暴行事件の慰謝料も含んで受けてもらうことになった。労働審判の制度は後日、ここで説明したいと思う。聞いたところ、私以外の労働問題に悩んでいる方にも是非活用していただきたい制度である。

とりあえず、相手の出方を見ないと次にすすまないので待つことにする。早急に答えるようにとの旨が盛り込まれているので時間は掛からないだろう。私の立場がわからないというのは非常に苦痛である。会社にはまずこの気持ちをわかってもらいたい。
【2007/11/16 15:39】 | 第3章 絶望の日々 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

不当解雇3-6 弁護士

ついに、見つかった弁護士さんと会う日が来た。はたして、受けてくれるか。それ以前に話を聞いてくれるか。不安と期待が混ざりあり複雑な気持ちで向かった。妻と一緒に行ったのだが妻も同じ気持ちであった。

「はじめまし」笑顔で迎えてくれた。整理したノートを見せ一生懸命説明した。思いのたけを全て話した。とにかく、自分たちの悔しさをぶつけた。神妙な面持ちで聞いていた弁護士さん(これからは先生と呼ぶ)は「早速、手を打ちましょう。」と言ってくれた。
そして、どういう手でこの件を処理するかを考えます、言ってくれた。

まずは、解雇理由の提示を会社に請求する、それが先決だということで次に日も事務所で打ち合わせる約束をした。着手金の支払いと委任契約も明日することになった。話を聞いてもらい「客観的に解雇は無効であろう」といってくれたもらったことで、気付くと家路につく足取りも軽くなっていた。
さて、明日から本格的に会社と全面対決となる。ついにこの時がきた。

第4章へ
【2007/11/16 13:30】 | 第3章 絶望の日々 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

不当解雇3-5 逆撫で

常務から電話が来た。
「暴行事件の謝罪を無しにしてほしい。社長が直接会いたくないと言っている。で今後のことは弁護士に任せたから、わからないことがあれば弁護士に電話してほしい。」

私から連絡するなどどういう了見かさっぱりわからない。被害者意識の逆撫でとはこのことである。示談交渉で被害者から連絡をするなんて聞いたことがない。まぁいい。彼らが選んだ選択であるので何も言わなかった。もうこのときには期待する無駄かもしれない。そういう感情しかなかったのだから。ちなみに、この時も、出社については何も触れなかった。重要な件の優先順位が違うのではないか?私の顧客も困っているであろうに。「経営なんて二の次だ、自分の身を守らねば」そういう発想だろう。自分の顧客が心配だ。

すぐさま警察に電話して、話の成り行きを伝えた。警察官は「また、呼んでどういうことか聞いておく。」そういっていた。この件は警察に任せることにした。

【2007/11/15 15:38】 | 第3章 絶望の日々 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

不当解雇3-4 微かな光

この話を聞いてくれる弁護士が見つかった。早速、電話をしてあらすじを伝えると早急な対処が必要と言われた。そして、来週打ち合わせを入れていて貰えることになった。

会社からは相変わらず何も連絡は無い。

何とかなればいいのだ....。

強烈な不安を抱える毎日である。周りの人たちは、「忘れなさい」だとか「弁護士に相談しても無駄だって」とか言われていた。
だが、微かに光が見え始めた。そんな気がしている。
【2007/11/15 03:13】 | 第3章 絶望の日々 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

不当解雇3-3 不当解雇によるリスク

常務に電話をした。用件はすで警察官から伝わっていて、謝罪の件のみしか話さなかった。そして、会社に来るようにとも言われなかった。

一体、今自分の立場は何なんだろう?11/6でクビであるならば、離職票などもらわなくてはいけない。通知どうりクビでないなら引継ぎや残務処理もあるし、給料ももらえるはずだ。しかし、会社に来るようにとも言われるわけでもない。
私は在籍しているのだろうか。私と連絡がつかないわけでは無いし。こうして、接触する機会もあるわけだから。

常務とは仲良かったんだけどなぁ、私自身、完全に冷え切っていた。それは、結局、常務自身の責任でもある。彼が長い年月をかけて社長という人間を作ってきたのである。間違ったことを間違っていると言わないというクスリで。売上げが下がってきてから彼は責任者という理由だけで、給料5万円で働いているのである。単なる、登記だけの常務なのに。しかし、黙る、黙るを繰り返す毎日。それで、いつも、二人になるとよく私に愚痴を言っていた。今回の件のダメージを彼はわかっているはずである。

 
【2007/11/14 12:36】 | 第3章 絶望の日々 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

不当解雇3-2 事情聴取

今日は警察で事情を聞く日だ。
診断書、血の着いたティッシュ、スーツを持っていった。
写真を撮ったりしてかれこれ一時間くらいやりとりをした。
担当してくれた警察官は親切だった。そして、面白い事を聞いた。
この暴行事件では、謝罪と、病院代などいくばくかの金銭で話を付ける事、そして手続き上、社長には監督人をつけなくてはいけないことになっているのだが、其の監督人に娘がなったというのだ。
無職の娘をだ。馬鹿にされているのかなんのかわからないが、ありえないと思い、本当に監督できる人間を選任するようにと注文をつけた。そして、謝罪の日程を組むのに、常務と連絡をとるようにと警察官には指示された。

どうやら、社長は暴行事件前歴ありとして残ると言っていた。その後、中央署で指紋もとるらしい。

謝ってもらうくらいなら捕まって厳罰に処して欲しい。
【2007/11/12 12:12】 | 第3章 絶望の日々 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

不当解雇3-1 新たな局面へ

会社からは何も連絡は無い。あれだけのことをしたのだから当然といえば当然。こちらはクビになったわけで黙っていればいい。そう考えていた矢先だった。

会社から、一通の封筒が届いた。空けてみると、
「11/6の協議の末、11/6付けで解雇予告した」と書かれた封筒だった。
?????????

11/6でクビだといって追い出した発言はなんだったんだろう?そう、これは、解雇予告金を払いたくないばっかりに今度は1ヶ月前に言いましたからと前置きしてきたんだ。あまりにも安っぽい正当化に吐き気がした。じゃ、私は無断欠勤というのか?連絡一つよこさずに。暴行してたたき出したくせに。

これこそ、許さない。謝罪の一つでも入れてくるかと思った私がバカだった。

女房と相談して、結論がでた。

訴えよう。


ありとあらゆるつてを使って、受けてくれる弁護士を探すことにした。知り合いづてに労働事件を受けてくれる先生はなかなかいないと言われた。それでも探した。妻の代理人を引き受けてくれた先生はあえて頼まないことにした。なぜなら、妻はまだ解雇予告金を受け取っていない。そして妻は妻、私は私だからだ。これは絶対に崩したくなかった。それは私たち二人を一食短として考えている会社側の思う壺だと思ったからだ。

あせりはあったが必ず見つかると信じた。

そして、いつ見つかっても良いようにこの事件の整理を始めた。
【2007/11/07 07:55】 | 第3章 絶望の日々 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

第2章-3 極度の疲労

その日、極度に疲れた。警察官と次に事情を話す日を来週と決めその日は帰る。妻に迎えられた私は、言う事は言ったという今日の出来事を話し、その報復として暴行を受けた経緯を話した。妻は讃えてくれた。ただ、今後の生活の不安などが付いて回る。しかし、覚悟はしていた(予想外の解雇であったが)。そうして、闘うという意志をお互い確認し休んだ。

ここまで、傍若無人な態度をするとは正直予想もつかなかった。なりふり構わずといったところである。正論で責められ逃げ道がなくなると暴発。あくまでも自分の立場を守ろうとする。逆に自己嫌悪に陥りそうになる。私にて手を出したあと、やっちまったという顔をした。その時の顔が本心であろう。
【2007/11/06 14:51】 | 第2章 私の解雇 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

第2章-2 暴行事件 

そして、会社を出て階段を下りていく途中、ビルの大家さんと鉢合わせした。携帯の電源が切れてしまっている、すぐさま警察を呼びたい、と困っていた私は大家さんに「警察を呼んで欲しい」といった。その時、常務が降りてきて、「なにもなかったよな」と言いながら私の手を引っ張って下のまで降ろそうとした。ふざけるなと思い、私は多少抵抗したが、大家さんの前なのでこれ以上は騒がず、常務の話を聞こうと考えた。そうして、駐車場まできたとき、常務は「あやまって、会社に戻ろう」と言い出した。冗談ではない、何故、私が謝らなくてはいけないのか。「警察よびますから」と一言言うと、また上に上がっていった。そうして、社用車のなかの充電器で充電しながら警察に通報した。そうしていたら、今度は社長が降りてきて、「とりあえず上に上げれ」と言ってきたので無視してその場を立ち去った。

5分くらいたつと警察官が来た。口の中が切れて血が出ていると言われた。いくら冷静につとめいていてもやはり多少なり動転していたのであろう、自分でも気づかなかった。事情を話し、近くの交番で一時保護してもらうことになった。警察官は、社長からも事情を聞き、最終的には、社長が私に謝罪し、いくばくかの金で解決することになった。本当は暴行事件で逮捕してもらってもよかったのだが、今後のことを考え少し様子を見てみる選択をした。警察官が、社長を呼んで話をしている間、病院で診察を受け診断書をとるようにと言われ指示に従った。口内挫傷全治4日間だった。



【2007/11/06 14:25】 | 第2章 私の解雇 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

第2章-1 最後の日

請求書到達の日、私は普通に出勤して外回りに出かけた。そして、午前11時ごろ会社から電話が来た。用件はわかっている。

「1時に戻るように」その一言


まず、応接間に座らされた。相手は、社長、腹心の常務。
届いた請求書を指差し「これは、どういう事なんだ?」
「何か?」
「お前の差し金か?」
「彼女に意思です」
「お前の嫁は、会社が大変なときにこんなことをするのか?」
「あなたが解雇したからでしょ、不当な要求とでも言うんですか?」

「お前の嫁はこんなことをする人じゃない」
「それだけ、悔しかったんでしょ」
「解雇は、しょうがなかったんだ」
「しょうがないなら払ったほうが良いんじゃないですか?罰則もあるみたいですよ」

この辺から、激しく恫喝し始める。しかも、会社に他の人間がいるにもかかわらず。私はあくまでも冷静に対応した。こういう人間と同じ土俵では意味が無い。上から目線に心がけた。ますます、興奮の色を濃くする社長。また、わけのわからないことを言い始める。
「おまえが入れた広告分の印刷代も払って貰う」
かねてよりこの人は、自分が都合悪くなると、話をずらして、相手の弱みを探そうとする。しかも、弱みでもなんでもないと気づくと、人のせいにする。以前からこの一本槍。
「それを不当な請求って言うんじゃないですか?正当な請求だと思うなら正当な手続きを踏んでください」


「もういいわ、これお前も解雇な」
そうきたか。
「嫁のことで、私を解雇ですか?何にもとずく解雇ですか?」
「全部だ。もういい。話したくない」
論理の無い人間は手詰まりになると、必ず言うセリフだ。この時点で人間的にはやはり、自分の方が上だったな、なんて分析するほど私は冷静だった。ただ、正味1時間以上の恫喝で正直、恐怖は感じていた。

「わかりました、今後のことはいろいろな方と相談させていただきます、まずは女房報告します」
そして携帯を取り出しかけようとした瞬間
「クビだ、今すぐでていけ」と怒鳴り散らしながら、私の襟首をつかんだ。常務が必死にとめていた。彼は社長の手首をつかんでいたの殴られずにはすんだ。社長は「やっちまった」というような顔をしていた。そして、いったん、自分の席に戻った。

「警察呼びますから」と言って携帯をみると電源が切れていたため、ディスクの上の電話でかけようとしたら「会社の電話を使うんじゃね」と怒鳴り始める。

私はさらなる恐怖を感じ、会社から逃げることを選択した。

そして、ドアに手をかけた瞬間「車の鍵を置いていけ」と追い討ちをかけるように怒鳴りあげた。
【2007/11/06 13:32】 | 第2章 私の解雇 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

第1章-4 新たな闘争のはじまり

さて、私のほうはというと当然これからもこの会社で働き続けるつもり。ただ多少の嫌がらせは受けるかなと。それ覚悟の上。あくまでも妻が働いていた報酬に対する解雇予告手当てであり、私が受けとるお金ではない。それはそれ。彼女の悔しさに比べればどおってことはない。そう思えるほど妻の辛さを感じていた。しかも、解雇直後、社長は今後の展開として訳の分からない方針を打ち出す。私と同僚の営業を昇格させた。つまり、肩書きがあればお客はより信頼して広告を入れるであろうと。別段権限が増えるわけでもなく給料が上がるわけではないのにと思いながらも。

そして、新しい名刺を受け取った次の日、新たな闘争が始まる。
【2007/11/05 13:12】 | 第1章 妻の解雇 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

第1章-3 解雇予告手当ての請求

解雇予告手当ての請求書は、弁護士さんが知り合いでだったこともあり考えていたより安く作成したくれた。この請求書は、行政書士さんも請け負ってくれるものらしくそれほど敷居の高いものではないらしい。すぐ作ってくれる。ただ、素人が作るのではなく法律家が作ったものの方がいいと思う。餅は餅屋で押さえるポイントがいくつかあるので任せたほうがいい。それに、はんこの強みというか解雇予告金を払わないで解雇しようと考える経営者は、法令順守など考えていないといえるだろう。ならば、当然法律家が作成した請求書に対し驚くと思う。これが、履行に繋がるか、繋がらないかはわからないが心理的にはプレッシャーがかかるであろう。それと、私達の安心感。一応、妻と弁護士さんは委任契約を結んであるので、会社側が反論(反論などできないのだが)してきても、弁護士さんが代理してくれるので直接話す必要が無い。これは非常に大きい。

さて、いざ発送。

こちらが発送した請求書です。
クリックすると画像が大きくなります。


解雇予告手当ての請求書スキャン003
【2007/11/05 11:59】 | 第1章 妻の解雇 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑

第1章-2 労働基準監督署へいく

妻が解雇を言い渡され、まず始めたこと
それは「労働基準監督署」への通報である。たいした効果はないと聞いていたのでそれほど期待はしたなかったが、話は聞いてくれた。以外に親切である。そこでは「解雇予告金」を請求しなさいとのこと。突然の会社都合での解雇であるから、それなりに処理するのは当然。労働基準法20条で「使用者は、労働者を解雇する場合には、原則として少なくとも30日前に解雇の予告をするか、30日分以上の平均賃金(これを解雇予告手当といいます)を支払わなければならない」と規定されているので、正当な請求である。泣く必要は無い。そこで、知り合いの弁護士に頼み、請求して貰うことに。私の事件ではないので、妻が打ち合わせに行った。弁護士に言われたのは、「旦那が会社に残っているのに大丈夫かい?」だった。もちろん、OK。覚悟は決まっていたから。しかも、彼女の権利なのだから、私が止める次元の問題ではない。



普段内気で、あまり自分の意見を言わない妻は、勤務が終了した日、社長に電話をした。「労働基準監督署にいいますから」と。勿論自分の意思で。それほど悔しかったのだろう。個人的な見解だが経営者は、気づかなくてはいけないと思う。解雇を言い渡すのは、勇気のいることであると。そして、覚悟が必要である。恥であり、一生軽蔑される。それが責任であり嫌なら、経営者を辞めるべきであり、解雇するような状況にしないことである。もし、本当にそうせざるおえないときは、せめて、適法にすることである。それで解雇された人間も引き下がらずおえない。痛みわけ。それでも、会社存続のために犠牲にした人間がどんな思いで会社を去るのかを考えなければならないと思う。どんな言葉で置き換えても犠牲なのである。このことは社長に言った。返ってきた言葉は、「しょうがなかった」だけである。働いている人間が感じる愛着と経営する側の執着では温度差が違う。その愛着を裏切る行為には徹底的に闘うべきである。そうすることで、その経営者の発想が変わり、恩返しになる。そして、現在働いている人間に対していい置き土産になる。私はそう考えた。
【2007/11/05 11:56】 | 第1章 妻の解雇 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

第1章-1 配置転換

五年以上勤めた妻を解雇し、空いた事務のポジションはどうするのだろう。なんと社長の娘を入れるというのだ。

前の仕事を辞めたのか、この会社のために辞めさせたのか、首になったのか、よく分からないが雇用保険をもらいながら、ただで働かせるのだと言っていた。やったこともないこの会社の仕事をだ。だが、これに関し、制作を派遣社員が担当しているのだがこの契約を打ち切って妻がやるという配置転換の案もでたが何せ急だからどうにもならないという結論だった。

しかし、最初から娘を入れるつもりで妻を辞めさせたという疑問が会社内で生まれたのはいうまでもない。

こんな状態で、妻は解雇日直前までこの娘に引継ぎをした。しかも、一生懸命こなした。会社内では微塵も見せなかったが本当に辛そうだった。それは後に残った私や他の同僚がこの会社で働いていく上で支障を出すわけにはないという思いからだ。

悲しく痛々しかった。








【2007/11/05 11:50】 | 第1章 妻の解雇 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。