1. 無料アクセス解析
■■■不当解雇などあってはならない■■■
労働者の方だけではなく。経営者の方もご覧ください。この社会から不当解雇をなくしたい。

puroro-gu.gif


札幌のある小さな出版社での話。

そこに、4年前新卒として入社する。創業してから、初めての営業職の新卒採用だった。
それなりに、給料もよく、仕事も楽しかったので難なく時が過ぎた。
この仕事は楽しく、お客には良くして貰った。とにかくがんばらなくてはと思い、まい進した。

そうして2007年10月、事件はおきた。 突然、社長が、事務員である妻と、経理の人間をリストラすると言い出した。しかも、給料日の締日、二日前に。

驚き、悔しがる女房。会社は、金無いから、給料払えないからと開き直る。ただ、非常に申し訳なさそうにしていたのが救い。私も、妻も、何で急なんだよ、と詰め寄るも諦める。
リストラならしかたない。妻は悲痛な思いで会社を去っていった。 が、退職後も納得のいかない妻は一つの結論を出す、このまま黙って後悔するなるくらいなら言う事だけは言う。と。

こうして、私たち夫婦×会社との闘争がはじまる 。そして、大事件と発展していく。

このブログは2008年より作成してますので日付と内容で多少ラグがあります
 私の体験を通じて、少しでも社会から不当な解雇を無くしたいと思います。皆さん、ご意見があればどんどんお寄せ下さい。

最新

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

労働問題事件ファイル-1

学術施設の現場で起こった労働問題の実態をご紹介します。メールを頂きことの流れをうかがった際、私自身も大変憤りを覚えました。

秋田県の伊藤さんはノースアジア大学・明桜高校を相手取り、現在、労働審判を申立て現職復帰を目指しています。一体教育現場で何が起こっているのでしょうか?

経緯:
伊藤さんは、明桜高校の理科教員及び野球部指導員として1年更新3年間の継続勤務を約束として働いていました。しかし、二年間での任期満了として突然の解雇を受けました。同時期の採用となった方が6名いましたが、この時期に雇止めを受けたのは伊藤さんだけでした。

伊藤さんを狙撃解雇にしたと考えられます。(狙撃解雇とは私が考えた言葉で、人選に合理性が無くまさしく狙い撃ちの解雇という意味です)

労働環境:
伊藤さんの報告ではノースアジア大学では、教育指導員という役付けが、授業中廊下を巡回をする特殊な教育環境。私は大学、研究生と6年間大学にいました教育指導員など初めて聞きました。その教育指導員の仕事は、教師の行動、言動を監視するというもので、防犯用という名目で監視カメラも多数設置されているようです。また、電話や、職員室の会話が盗聴されているという噂もあるようです。

会議での発言はメモを取られ全て理事長への報告となるのです。
それはまさに戦時中の憲兵による非国民狩りのようなものを連想させます。

教師たちは、何かあれば他の職員が密告をするのではないかという不安に際悩まされ、萎縮しているようです。

また、学校の経営方針の強引な路線変更も原因のようです。これは、私の場合もありました。強引なやり方は現場を歪めます。本来路線変更をする際は、より話しあい、知恵を出し合うものです。それにより、リスクを再確認できます。そこで出た意見を、楯突くだとか気に入らないだとか考えてしまう人間がいる時点でその路線変更は失敗といえるのではないでしょうか?このような状態になったとき被害者というのは常に信頼した消費者です。通常の会社では顧客、学校では生徒。

実はそのことを現場が一番わかっているのです。
しかし、その声が黙殺される。
労働問題の裏側には、常々に消費者意識の無い経営姿勢が見え隠れするものです。

原因:
その環境の中で伊藤さんは、教育現場の崩壊を見ていられなくなったのだと思います。このような環境では、教師だけではなく生徒すら被害者になってしまいます。

そして、声をあげる。

そして、解雇。

伊藤さんは今の現状をこのように見ています。

職場の教師たちは「怒りと悲しみと絶望」が漂う先行きの見えない状態にいます。

教育は将来の夢と展望を語り紡ぐもの。
それが暗闇の中をさ迷う現場になっています。
これでは教育本来の目標が達成できない。

人を信じ、人を育み、人と共に未来を語り、平和と尊ぶ教育とは何かを理解できない人間、つまり教育に関与してはいけない人間が権力を握った途端に暴走し、迷走が始まった。現場は良心ある教師が懸命に努力している。生徒もがんばっている。

気の毒でならない。

伊藤さんは人間の尊厳のために闘っています。その闘っている姿を必ず生徒が見ているはずです。同僚の方たちだけでなく、生徒のために闘い切って欲しいと思います。

伊藤さんの思いを綴っているとあらためて自分の背筋が伸びていく気がしました。

そして、最後にこう語っています。

生徒を考えない、教師を考えない、地域を考えずに「教育改革」を建前とした虚偽と迷走が許せない。しかし、私のような解雇をされたからこそ、そこへ一石を投じられた。
今はそう考えています。
もう少しカッコよく言えば「人として、教師としての尊厳をを賭ける」闘いです。

つまりこの闘いは教育の是非を問う場であると。

現在:
秋田地裁で労働審判第一回が終了しました。

これからもマスコミも注目するこの事件の経過について皆さんにご紹介していきます。

→伊藤さんのブログはこちら

この事件のニュース映像はこちら↓

 

→管理人へのメールはこちらへ

 

伊藤さんのケース
労働審判(秋田地裁)
請求 現職の復帰及び慰謝料350万円 
第一回期日2008 5/7
第二回期日2008 6/18

不当解雇撲滅に一票!

スポンサーサイト

テーマ:刑事事件・裁判関連ニュース - ジャンル:ニュース

【2008/05/15 15:19】 | 労働問題事件ファイル | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑

労働問題事件ファイル

労働問題事件ファイル

たくさんの激励のメールを頂き心より感謝しております。

予想をはるかに超える反響に驚いております。
さて、頂くメールの中には、労働問題の体験談や現在進行形の事件を抱えられた方からのメッセージもあります。そうした方は私と同様に一人でも多くの方にこの事実を伝えたいという思いをもっています。

そうした体験談を、承諾を得た上でご紹介したいと思います。

事件それぞれ、内容や背景は違います。 皆さんが感じる思いもそれぞれだと思います。 ここでは、私の意見も織り交ぜながらご紹介したいと考えています。

今現在、10名ほどの方の体験をご紹介する予定でいます。 編集作業を行っていますのでもう少々お時間がかかるかと思いますが、順次アップしていきます。また、記事として紹介したい方もご連絡ください。

メールはこちらへ→

管理人


 

不当解雇撲滅に一票!

テーマ:刑事事件・裁判関連ニュース - ジャンル:ニュース

【2008/05/13 20:33】 | 労働問題事件ファイル | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
| ホーム |
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。