1. 無料アクセス解析
■■■不当解雇などあってはならない■■■
労働者の方だけではなく。経営者の方もご覧ください。この社会から不当解雇をなくしたい。

puroro-gu.gif


札幌のある小さな出版社での話。

そこに、4年前新卒として入社する。創業してから、初めての営業職の新卒採用だった。
それなりに、給料もよく、仕事も楽しかったので難なく時が過ぎた。
この仕事は楽しく、お客には良くして貰った。とにかくがんばらなくてはと思い、まい進した。

そうして2007年10月、事件はおきた。 突然、社長が、事務員である妻と、経理の人間をリストラすると言い出した。しかも、給料日の締日、二日前に。

驚き、悔しがる女房。会社は、金無いから、給料払えないからと開き直る。ただ、非常に申し訳なさそうにしていたのが救い。私も、妻も、何で急なんだよ、と詰め寄るも諦める。
リストラならしかたない。妻は悲痛な思いで会社を去っていった。 が、退職後も納得のいかない妻は一つの結論を出す、このまま黙って後悔するなるくらいなら言う事だけは言う。と。

こうして、私たち夫婦×会社との闘争がはじまる 。そして、大事件と発展していく。

このブログは2008年より作成してますので日付と内容で多少ラグがあります
 私の体験を通じて、少しでも社会から不当な解雇を無くしたいと思います。皆さん、ご意見があればどんどんお寄せ下さい。

最新

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

第5章 5-8 労働審判結審

たくさんの応援やお言葉を頂き、心よりお礼を申し上げます。

少々、パソコンの前から離れていました。実は、第二回審理直前で相手方より、膨大な証拠、主張が提出されたのです。裁判所で指定された期日を過ぎてからの提出であったため、連日徹夜に近い状態でした。 訪問していただいた方がにはご迷惑をおかけし申し訳ありませんでした。

さて、本日はご報告があります。

結論から言いますと

勝訴いたしました。

私なりに満足のいく形で。

詳しいことは、後日アップしていきたいと思います。その前に結審を向かえた、今の思いを率直に書きたいと思います。

第二回で結審したのは、正直言って驚いています。和解ではなく結審と言う形です。つまり、審判官が判決を下したのです。私自身はまったく、予想もしていませんでした。

審判官が
「審判を下します・・・・・・。主文・・・・・・」
といいが目つぶりました。そのとき、時間が突如止まったような感覚を覚え、頭の中のあらゆる思いも止まった気がしました。

「1、申立人は本日をもって退職とする」「2、相手方は150万円支払え」「3、・・・・・」この時点で、心の霧が一瞬で晴れたのを忘れることが出来ません。熱いものがこみ上げ、傍聴席を振り返りに女房に目で「勝った」と激しく叫びました。そして、相手方が直ちに席を立ったのを見て、また、時が元に戻りました。

横を見ると先生も「事実上の勝訴です。さぁ、事務所に戻りましょう。」と笑っていました。

一日たっても尚、このときの不思議な感覚、そして、こみ上げてきたものをありありと思い出すことが出来ます。今、自分は間違ってはいなかったという確信、闘い抜いたという達成感、そして、苦労かけた女房の笑顔をみると、自分に自信がわいてくるのを実感できます。知らず知らずに胸を張っている自分に。

今だけは、この高揚感に浸らせてください。

 

ここで、事件勃発からこの審判の結審を通し総括していきたいと思います。もう少々お付き合いください。

事件当初、私は、社会に疑問を感じ、相手方にある種憎しみすら覚えていたと思う。訴えるといきまく自分に対し周りは「もういいでしょ、相手にするんじゃない」 「はやく新しい道を探しなさい」となだめられていた。つまり応援はしてくれていなかった。今思うと、そういった思いにとらわれている自分に対して心配するのは至極当然だった。

苦しかった。辛かった。自分の恨みを晴らすと言うだけで周りを巻き添えにしている。そんな自分に対して憤りさえ感じるときもあった。妻に対して、心無い言葉を浴びせたこともあった。

本当に暗く苦しい時間だった。

それが、ある時、この事件の本質を考えるようになった。きっかけは時間だった。一ヶ月、二ヶ月とたち、先生と何度も打ち合わせを重ね、事件を整理していくだびに、その本質が見えてきた。

そう、「こんな事件はあってはならない、自分だけでいい」

この思いを導き出してから、たくさんの人たちが応援してくれた。「理不尽なことはゆるすべきではない」といってくれた。そして、何かしらの使命感をこの胸に感じた。

日々の生活で当然不安はあったが、この事件に対する思いが変わったこで悲壮感が無くなった。そして、なにより大きいのは客観的にものが見れるようになった。相手方の主張が入ったときや、証拠の提出があったとき。

このときには恨みだとか、憎しみだとか一切無く純粋に不当な解雇を確信したいと言う気持ちしかなかった。

使用者と労働者、それは契約である。取引であると言っている人がいた。だから、多少こことならお互いのために穏便が一番。確かにそれはいえる、労働契約というだけあって。しかし、会社と言うのは人と人の信頼関係で成り立っている。本来、信頼関係があれば規則や、法律などいらないのであって、信頼関係は誠実なものどうしで成り立つものである。つまり、お互い、その誠実さをはきちがってはなら無いことが前提ではないだろうか。

いっても私は相手方の会社に勤めた。会社のために努力した。そして、かつて相手方の暖かさを感じたのも事実である。
私は最後の最後まで、相手方の誠実さに期待した。相手方自身が気づき自身を見つめなおすことを。
誠実な解雇手続きをせず、暴行に対して誠実な謝罪も無く、誠実な主張もなかった。

それでも期待をした。ギリギリまで。

 冒頭で書いたように、紆余曲折があり審判当日もめまぐるしく状況が変わる中、突然の審判と、予想外のいきさつがあった。
相手方は、誠実に当審判に向かいあうことなく、見苦しいほどのもがきを見せたことが審判団の心証にも響いたのだろう。
そして、なによりその誠実の無さが私の心に迷いを無くさしたのであった。

つまり、「不当な解雇手続きであったと確信したい、それでいい」と。
私は審判団にそう答えた。

当日この審判の意味を相手方が再確認させてくれたのだ。

 最後に、語りつくせぬ壮絶な半年間だった。もちろん、妻を含め、周りに人たちにも迷惑をかけた。こころよりお礼を言いたい。

そして、この結果になった最大の要因は、気持ちである。気持ちは人に伝わり人を動かすと言うことだ。この事件を通しそれを見れただけでも価値あることだと思う。妻はもちろん、親、友達、このブログを通しあたたかいコメントをくれる人達、もしかしたら担当してくれた弁護士さんや、審判団の方たちも・・・・・。
私はそう信じたい。

本当にありがとうございました。

この事実を伝えたい。思いを伝えたい。それは一生変わらないだろう。

地位確認等の労働審判を終えて

管理人

 

 

不当解雇撲滅に一票!

 

 

 

スポンサーサイト
【2008/04/26 13:07】 | 第5章 労働審判 | トラックバック(0) | コメント(13) | page top↑

第5章 5-7 労働審判 第二回にむけて

皆さん、いつも暖かいコメントありがとう!!

 

本日、先生と労働審判第二回審理に向けての打ち合わせを行った。

主張を取りまとめたりと正味1時間半ほどやり取りをした。

その後、第二回の内容について予想される展開の説明を受けた。

? 一回目から審判官は不当な解雇を前提にこの審判を進めているであろう。

? 相手方から入ってくる証拠が、整理解雇を認容出来るものであっても、手続き上不当な解雇といえるであろう。

? 審判官から解決案が出されると思われるが、それが最終的に審判と同じ内容であろう、従って実質第二回目が最終審理である。

つまり、会社側が何を言い出したとしても、不当解雇は動かないと考えられる。

あとは、どれだけ慰謝料を請求することが出来るかということが争点になると思われる。

後もうひと踏ん張り。

がんばります

次回、労働審判審理は4月25日2時00より札幌地裁で行われます。応援よろしくお願いします。

また、4月17日に、相手方は証拠の提出を裁判所から命令されています。どんなものが入ってきたか、詳しくお知らせいたします!!

→不当解雇撲滅に一票!

テーマ:お知らせです。 - ジャンル:日記

【2008/04/12 08:56】 | 第5章 労働審判 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑

不当解雇5-5 労働審判 暴行事件にけりがつく

以前暴行事件で担当していただいた警察官から電話が来た。

その後どうなりました?と言われたが、こちらがどうなったか聞きたいというのが率直な思いだった。

私はあれからの経緯を淡々と話した。もちろん、実費分を支払うとの話も反故にされていること。この労働審判での、相手方は暴行はしていないと言っていることも伝えた。すると、警察官はそれはいかんといった様子で、加害者である相手方に聞くからと言った。

それから1時間あまりして、再度警察官から連絡が来た。

「相手方は、実費分の支払いをしたくても出来なかったという言い訳をしている、弁護士と相談しながら進めているんだというからその弁護士にも電話して聞いたら、何のことかよくわからん。と言っていたから、もう一度ヤキだわ。」と言って来た。

相手方は、逃げたり、弁護士のせいにしたりと結局は責任逃れしかなく、被害者感情を逆なですることしかない。もし、仮に弁護士の指示で、この事件の処理をしているのなら相手方の不利になるように仕向けているとしか思えない。そんなことはありえなく、相手方は弁護士との信頼関係すら崩壊しているのかと窺えた。相手方は弁護士に「被害者と直接会うのは危険だ」というようなことを言われたから、謝罪できなかったと言い訳したらしいのだが、その弁護士にどう危険のなのか?聞きたいところである。まぁ単なる相手方の一人相撲にしか過ぎないだろうが。

警察官が、「罪を認めて、支払うものを済ましたら厳罰にしないということでいいかい?」と聞いてきたので「わかりました、ただ慰謝料の請求はこの労働審判で行うということにしてください。また、認めないとか言い出さないように、謝罪の証としてまずは病院代、タクシー代を支払うことを優先すると」そう伝え、また、一時間ほどして、電話が来て、「相手方は認めると、そして、家族を監督人にしたうえで、実費分を振り込むということでまとめたから」と報告を受けた。


これで、自ら提出した答弁書も嘘になる。本来は認めないと主張していたのだから。しかも、審判が始まってから示談なんて心証が悪くなる。

これで、刑事事件のほうはけりがついた。この件は、先生にとっても任せると言われているので後で報告することにする。 



労働審判、その日まで - livedoor Blog 共通テーマ
【2008/03/25 13:27】 | 第5章 労働審判 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

不当解雇5-2労働審判の宿題

裁判所からの宿題をかたずける。

タイムスケジュールだ。

どうも、審判官は私が夜から動いていると考えているようだ。そうではないと示す資料も発見し難なく終了した。

そして、ついでに、決算報告書をさらに掘り下げて調べてみた。

新たな矛盾点を多数発見した。

通信費を多大に計上している。どう考えても計算が合わない。不思議だ。

車両代についても半分以上が私的流用だろう。

ため息が出る。

従業員が3人しかいない会社でよくこんなことが出来るなと思った。この状態を当たり前だと思っているのだろう。



労働審判の宿題 - livedoor Blog 共通テーマ
【2008/03/19 10:22】 | 第5章 労働審判 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。