1. 無料アクセス解析
■■■不当解雇などあってはならない■■■
労働者の方だけではなく。経営者の方もご覧ください。この社会から不当解雇をなくしたい。

puroro-gu.gif


札幌のある小さな出版社での話。

そこに、4年前新卒として入社する。創業してから、初めての営業職の新卒採用だった。
それなりに、給料もよく、仕事も楽しかったので難なく時が過ぎた。
この仕事は楽しく、お客には良くして貰った。とにかくがんばらなくてはと思い、まい進した。

そうして2007年10月、事件はおきた。 突然、社長が、事務員である妻と、経理の人間をリストラすると言い出した。しかも、給料日の締日、二日前に。

驚き、悔しがる女房。会社は、金無いから、給料払えないからと開き直る。ただ、非常に申し訳なさそうにしていたのが救い。私も、妻も、何で急なんだよ、と詰め寄るも諦める。
リストラならしかたない。妻は悲痛な思いで会社を去っていった。 が、退職後も納得のいかない妻は一つの結論を出す、このまま黙って後悔するなるくらいなら言う事だけは言う。と。

こうして、私たち夫婦×会社との闘争がはじまる 。そして、大事件と発展していく。

このブログは2008年より作成してますので日付と内容で多少ラグがあります
 私の体験を通じて、少しでも社会から不当な解雇を無くしたいと思います。皆さん、ご意見があればどんどんお寄せ下さい。

最新

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

不当解雇4-16労働審判、前日

準備は万端。

最後は焦ったが何とか整理しきった。

明日久々に社長の顔を見ることになる。

嫁は見たくないと言っているが私は見たい。

さぁ始まる。力を貸してくれた皆さんホントありがとう!心から感謝します。
スポンサーサイト
【2008/03/16 05:25】 | 第4章 新たな局面 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

不当解雇4-15 労働審判、最後のあがき

証拠でされた決算報告書を点検した。

急いでまとめて、先生にFAXした。

もう朝5時。

泣いても笑ってももう裁判。

やるしかない。
【2008/03/14 20:27】 | 第4章 新たな局面 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

不当解雇4-14 労働審判、姑息な手段

先生のほうから電話が来た。内容は、証拠が入ったと言うことだった。証拠?と思い聞いたところ決算報告書だった。つまり、会社の景気が悪いからという理由を裏付けるためであると考えれる。

先生は発送すると言っていたが、早く目を通した思い、事務所までとりに行くことにした。

その決算報告書を確認する。

「?!」

17年度 18年度 19年度12月までのものが証拠として入ったのだが第一感想はまさしく「?!」だった。

社長一人で年間で莫大な役員報酬を受けたのだ。さらに言うと19年度は9ヶ月でも相当な報酬を受け取っている。なんだこれ。何のために入れてきたんだ。それが正直な感想だった。こういう経営をしていたんだとある意味驚いた。

裁判期日ギリギリでの証拠であるにもかかわらず、先生は別段焦っていなかった。その理由がハッキリわかった。

一体何の主張をしたいのかわからない。

先生は、気がつくことがあれば教えて欲しいということだったが、詳細に分析してみることにする。

もともと会計知識は持ち合ので分析は容易。

ギリギリで証拠を入れるなんて・・・・・。

徹底的に洗う。そう心に誓った。


労働審判、その日まで - livedoor Blog 共通テーマ
【2008/03/14 05:10】 | 第4章 新たな局面 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑

不当解雇4-13 労働審判、追加書面

先生と答弁書への入念な反論を打ち合わせた。電話で行ったのだが、FAX及びメールも使い、二時間ほど行った。最終的に仕上がった書面を見ると、ますます労働審判への実感がわいてきた。明日、裁判所へ提出する予定。
そして、どういう風に対処するか見ものである。



先生、今日は遅くまでありがとうございました。

不当解雇について - livedoor Blog 共通テーマ

【2008/03/12 12:11】 | 第4章 新たな局面 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

不当解雇4-12 労働審判、その日まで

電気店で、同僚の人間とばったり会った。

会社の状況を聞いた。

突然、営業としての歩合給をなくすと言われ、労働基準監督署に相談に行ったりしたといっていた。結局、腰が折れたようだ。私としては、相手側の会社の人間である。可もなく不可もない対応しかしなかった。私がいなくなり、社長の傲慢さがむき出しになったということは知った。状況からして、より経営状態が悪くなったのかもしれないし、好き勝手できることでその犠牲にされているのかもしれない。少なくともいえることは、社長にとって都合のいい人間しかいないということだ。

つまり、そういう状況下にもかかわらず会社を離れる選択をしないのだから。本人の自由には違い無いが理解は出来ない。でもそれは、離れてみてわかることで、私もまだ在籍しているとしたら同じかもしれない。

彼は彼でその選択をしたのだから、私が口を挟むことではない。がんばってねとだけ伝えた。

あと、面白いことに、社長はその同僚に「あいつと連絡取り合ったら背任だからな」と言っていたらしい。その言葉のみで私と連絡がとれないと考える人間であるならそもそも、これからも連絡などしないで欲しい。

冷たい言い方だが、彼はあくまでも相手方、会社の人間である。

労働審判、その日まで - livedoor Blog 共通テーマ
【2008/03/06 14:36】 | 第4章 新たな局面 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。