1. 無料アクセス解析
■■■不当解雇などあってはならない■■■
労働者の方だけではなく。経営者の方もご覧ください。この社会から不当解雇をなくしたい。

puroro-gu.gif


札幌のある小さな出版社での話。

そこに、4年前新卒として入社する。創業してから、初めての営業職の新卒採用だった。
それなりに、給料もよく、仕事も楽しかったので難なく時が過ぎた。
この仕事は楽しく、お客には良くして貰った。とにかくがんばらなくてはと思い、まい進した。

そうして2007年10月、事件はおきた。 突然、社長が、事務員である妻と、経理の人間をリストラすると言い出した。しかも、給料日の締日、二日前に。

驚き、悔しがる女房。会社は、金無いから、給料払えないからと開き直る。ただ、非常に申し訳なさそうにしていたのが救い。私も、妻も、何で急なんだよ、と詰め寄るも諦める。
リストラならしかたない。妻は悲痛な思いで会社を去っていった。 が、退職後も納得のいかない妻は一つの結論を出す、このまま黙って後悔するなるくらいなら言う事だけは言う。と。

こうして、私たち夫婦×会社との闘争がはじまる 。そして、大事件と発展していく。

このブログは2008年より作成してますので日付と内容で多少ラグがあります
 私の体験を通じて、少しでも社会から不当な解雇を無くしたいと思います。皆さん、ご意見があればどんどんお寄せ下さい。

最新

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

第2章-3 極度の疲労

その日、極度に疲れた。警察官と次に事情を話す日を来週と決めその日は帰る。妻に迎えられた私は、言う事は言ったという今日の出来事を話し、その報復として暴行を受けた経緯を話した。妻は讃えてくれた。ただ、今後の生活の不安などが付いて回る。しかし、覚悟はしていた(予想外の解雇であったが)。そうして、闘うという意志をお互い確認し休んだ。

ここまで、傍若無人な態度をするとは正直予想もつかなかった。なりふり構わずといったところである。正論で責められ逃げ道がなくなると暴発。あくまでも自分の立場を守ろうとする。逆に自己嫌悪に陥りそうになる。私にて手を出したあと、やっちまったという顔をした。その時の顔が本心であろう。
スポンサーサイト
【2007/11/06 14:51】 | 第2章 私の解雇 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

第2章-2 暴行事件 

そして、会社を出て階段を下りていく途中、ビルの大家さんと鉢合わせした。携帯の電源が切れてしまっている、すぐさま警察を呼びたい、と困っていた私は大家さんに「警察を呼んで欲しい」といった。その時、常務が降りてきて、「なにもなかったよな」と言いながら私の手を引っ張って下のまで降ろそうとした。ふざけるなと思い、私は多少抵抗したが、大家さんの前なのでこれ以上は騒がず、常務の話を聞こうと考えた。そうして、駐車場まできたとき、常務は「あやまって、会社に戻ろう」と言い出した。冗談ではない、何故、私が謝らなくてはいけないのか。「警察よびますから」と一言言うと、また上に上がっていった。そうして、社用車のなかの充電器で充電しながら警察に通報した。そうしていたら、今度は社長が降りてきて、「とりあえず上に上げれ」と言ってきたので無視してその場を立ち去った。

5分くらいたつと警察官が来た。口の中が切れて血が出ていると言われた。いくら冷静につとめいていてもやはり多少なり動転していたのであろう、自分でも気づかなかった。事情を話し、近くの交番で一時保護してもらうことになった。警察官は、社長からも事情を聞き、最終的には、社長が私に謝罪し、いくばくかの金で解決することになった。本当は暴行事件で逮捕してもらってもよかったのだが、今後のことを考え少し様子を見てみる選択をした。警察官が、社長を呼んで話をしている間、病院で診察を受け診断書をとるようにと言われ指示に従った。口内挫傷全治4日間だった。



【2007/11/06 14:25】 | 第2章 私の解雇 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

第2章-1 最後の日

請求書到達の日、私は普通に出勤して外回りに出かけた。そして、午前11時ごろ会社から電話が来た。用件はわかっている。

「1時に戻るように」その一言


まず、応接間に座らされた。相手は、社長、腹心の常務。
届いた請求書を指差し「これは、どういう事なんだ?」
「何か?」
「お前の差し金か?」
「彼女に意思です」
「お前の嫁は、会社が大変なときにこんなことをするのか?」
「あなたが解雇したからでしょ、不当な要求とでも言うんですか?」

「お前の嫁はこんなことをする人じゃない」
「それだけ、悔しかったんでしょ」
「解雇は、しょうがなかったんだ」
「しょうがないなら払ったほうが良いんじゃないですか?罰則もあるみたいですよ」

この辺から、激しく恫喝し始める。しかも、会社に他の人間がいるにもかかわらず。私はあくまでも冷静に対応した。こういう人間と同じ土俵では意味が無い。上から目線に心がけた。ますます、興奮の色を濃くする社長。また、わけのわからないことを言い始める。
「おまえが入れた広告分の印刷代も払って貰う」
かねてよりこの人は、自分が都合悪くなると、話をずらして、相手の弱みを探そうとする。しかも、弱みでもなんでもないと気づくと、人のせいにする。以前からこの一本槍。
「それを不当な請求って言うんじゃないですか?正当な請求だと思うなら正当な手続きを踏んでください」


「もういいわ、これお前も解雇な」
そうきたか。
「嫁のことで、私を解雇ですか?何にもとずく解雇ですか?」
「全部だ。もういい。話したくない」
論理の無い人間は手詰まりになると、必ず言うセリフだ。この時点で人間的にはやはり、自分の方が上だったな、なんて分析するほど私は冷静だった。ただ、正味1時間以上の恫喝で正直、恐怖は感じていた。

「わかりました、今後のことはいろいろな方と相談させていただきます、まずは女房報告します」
そして携帯を取り出しかけようとした瞬間
「クビだ、今すぐでていけ」と怒鳴り散らしながら、私の襟首をつかんだ。常務が必死にとめていた。彼は社長の手首をつかんでいたの殴られずにはすんだ。社長は「やっちまった」というような顔をしていた。そして、いったん、自分の席に戻った。

「警察呼びますから」と言って携帯をみると電源が切れていたため、ディスクの上の電話でかけようとしたら「会社の電話を使うんじゃね」と怒鳴り始める。

私はさらなる恐怖を感じ、会社から逃げることを選択した。

そして、ドアに手をかけた瞬間「車の鍵を置いていけ」と追い討ちをかけるように怒鳴りあげた。
【2007/11/06 13:32】 | 第2章 私の解雇 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。