1. 無料アクセス解析
■■■不当解雇などあってはならない■■■
労働者の方だけではなく。経営者の方もご覧ください。この社会から不当解雇をなくしたい。

puroro-gu.gif


札幌のある小さな出版社での話。

そこに、4年前新卒として入社する。創業してから、初めての営業職の新卒採用だった。
それなりに、給料もよく、仕事も楽しかったので難なく時が過ぎた。
この仕事は楽しく、お客には良くして貰った。とにかくがんばらなくてはと思い、まい進した。

そうして2007年10月、事件はおきた。 突然、社長が、事務員である妻と、経理の人間をリストラすると言い出した。しかも、給料日の締日、二日前に。

驚き、悔しがる女房。会社は、金無いから、給料払えないからと開き直る。ただ、非常に申し訳なさそうにしていたのが救い。私も、妻も、何で急なんだよ、と詰め寄るも諦める。
リストラならしかたない。妻は悲痛な思いで会社を去っていった。 が、退職後も納得のいかない妻は一つの結論を出す、このまま黙って後悔するなるくらいなら言う事だけは言う。と。

こうして、私たち夫婦×会社との闘争がはじまる 。そして、大事件と発展していく。

このブログは2008年より作成してますので日付と内容で多少ラグがあります
 私の体験を通じて、少しでも社会から不当な解雇を無くしたいと思います。皆さん、ご意見があればどんどんお寄せ下さい。

最新

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

第1章-4 新たな闘争のはじまり

さて、私のほうはというと当然これからもこの会社で働き続けるつもり。ただ多少の嫌がらせは受けるかなと。それ覚悟の上。あくまでも妻が働いていた報酬に対する解雇予告手当てであり、私が受けとるお金ではない。それはそれ。彼女の悔しさに比べればどおってことはない。そう思えるほど妻の辛さを感じていた。しかも、解雇直後、社長は今後の展開として訳の分からない方針を打ち出す。私と同僚の営業を昇格させた。つまり、肩書きがあればお客はより信頼して広告を入れるであろうと。別段権限が増えるわけでもなく給料が上がるわけではないのにと思いながらも。

そして、新しい名刺を受け取った次の日、新たな闘争が始まる。
スポンサーサイト
【2007/11/05 13:12】 | 第1章 妻の解雇 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

第1章-3 解雇予告手当ての請求

解雇予告手当ての請求書は、弁護士さんが知り合いでだったこともあり考えていたより安く作成したくれた。この請求書は、行政書士さんも請け負ってくれるものらしくそれほど敷居の高いものではないらしい。すぐ作ってくれる。ただ、素人が作るのではなく法律家が作ったものの方がいいと思う。餅は餅屋で押さえるポイントがいくつかあるので任せたほうがいい。それに、はんこの強みというか解雇予告金を払わないで解雇しようと考える経営者は、法令順守など考えていないといえるだろう。ならば、当然法律家が作成した請求書に対し驚くと思う。これが、履行に繋がるか、繋がらないかはわからないが心理的にはプレッシャーがかかるであろう。それと、私達の安心感。一応、妻と弁護士さんは委任契約を結んであるので、会社側が反論(反論などできないのだが)してきても、弁護士さんが代理してくれるので直接話す必要が無い。これは非常に大きい。

さて、いざ発送。

こちらが発送した請求書です。
クリックすると画像が大きくなります。


解雇予告手当ての請求書スキャン003
【2007/11/05 11:59】 | 第1章 妻の解雇 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑

第1章-2 労働基準監督署へいく

妻が解雇を言い渡され、まず始めたこと
それは「労働基準監督署」への通報である。たいした効果はないと聞いていたのでそれほど期待はしたなかったが、話は聞いてくれた。以外に親切である。そこでは「解雇予告金」を請求しなさいとのこと。突然の会社都合での解雇であるから、それなりに処理するのは当然。労働基準法20条で「使用者は、労働者を解雇する場合には、原則として少なくとも30日前に解雇の予告をするか、30日分以上の平均賃金(これを解雇予告手当といいます)を支払わなければならない」と規定されているので、正当な請求である。泣く必要は無い。そこで、知り合いの弁護士に頼み、請求して貰うことに。私の事件ではないので、妻が打ち合わせに行った。弁護士に言われたのは、「旦那が会社に残っているのに大丈夫かい?」だった。もちろん、OK。覚悟は決まっていたから。しかも、彼女の権利なのだから、私が止める次元の問題ではない。



普段内気で、あまり自分の意見を言わない妻は、勤務が終了した日、社長に電話をした。「労働基準監督署にいいますから」と。勿論自分の意思で。それほど悔しかったのだろう。個人的な見解だが経営者は、気づかなくてはいけないと思う。解雇を言い渡すのは、勇気のいることであると。そして、覚悟が必要である。恥であり、一生軽蔑される。それが責任であり嫌なら、経営者を辞めるべきであり、解雇するような状況にしないことである。もし、本当にそうせざるおえないときは、せめて、適法にすることである。それで解雇された人間も引き下がらずおえない。痛みわけ。それでも、会社存続のために犠牲にした人間がどんな思いで会社を去るのかを考えなければならないと思う。どんな言葉で置き換えても犠牲なのである。このことは社長に言った。返ってきた言葉は、「しょうがなかった」だけである。働いている人間が感じる愛着と経営する側の執着では温度差が違う。その愛着を裏切る行為には徹底的に闘うべきである。そうすることで、その経営者の発想が変わり、恩返しになる。そして、現在働いている人間に対していい置き土産になる。私はそう考えた。
【2007/11/05 11:56】 | 第1章 妻の解雇 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

第1章-1 配置転換

五年以上勤めた妻を解雇し、空いた事務のポジションはどうするのだろう。なんと社長の娘を入れるというのだ。

前の仕事を辞めたのか、この会社のために辞めさせたのか、首になったのか、よく分からないが雇用保険をもらいながら、ただで働かせるのだと言っていた。やったこともないこの会社の仕事をだ。だが、これに関し、制作を派遣社員が担当しているのだがこの契約を打ち切って妻がやるという配置転換の案もでたが何せ急だからどうにもならないという結論だった。

しかし、最初から娘を入れるつもりで妻を辞めさせたという疑問が会社内で生まれたのはいうまでもない。

こんな状態で、妻は解雇日直前までこの娘に引継ぎをした。しかも、一生懸命こなした。会社内では微塵も見せなかったが本当に辛そうだった。それは後に残った私や他の同僚がこの会社で働いていく上で支障を出すわけにはないという思いからだ。

悲しく痛々しかった。








【2007/11/05 11:50】 | 第1章 妻の解雇 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。