1. 無料アクセス解析
■■■不当解雇などあってはならない■■■
労働者の方だけではなく。経営者の方もご覧ください。この社会から不当解雇をなくしたい。

puroro-gu.gif


札幌のある小さな出版社での話。

そこに、4年前新卒として入社する。創業してから、初めての営業職の新卒採用だった。
それなりに、給料もよく、仕事も楽しかったので難なく時が過ぎた。
この仕事は楽しく、お客には良くして貰った。とにかくがんばらなくてはと思い、まい進した。

そうして2007年10月、事件はおきた。 突然、社長が、事務員である妻と、経理の人間をリストラすると言い出した。しかも、給料日の締日、二日前に。

驚き、悔しがる女房。会社は、金無いから、給料払えないからと開き直る。ただ、非常に申し訳なさそうにしていたのが救い。私も、妻も、何で急なんだよ、と詰め寄るも諦める。
リストラならしかたない。妻は悲痛な思いで会社を去っていった。 が、退職後も納得のいかない妻は一つの結論を出す、このまま黙って後悔するなるくらいなら言う事だけは言う。と。

こうして、私たち夫婦×会社との闘争がはじまる 。そして、大事件と発展していく。

このブログは2008年より作成してますので日付と内容で多少ラグがあります
 私の体験を通じて、少しでも社会から不当な解雇を無くしたいと思います。皆さん、ご意見があればどんどんお寄せ下さい。

最新

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

名前の由来

いよいよ、労働審判第二回審理にまで一週間前となった。

本来なら相手方から、昨日のうちに証拠が入るとのことだったが未だ、提出はないようだ。これに関してはまだなんともいえないので、確定した時点で書き込む。

さて、皆様に言わなくてはいけないことがある。

このブログは私の体験をとおし事実と思いをそのまま記事にしたもの。それを読みたく訪問されている方も多いだろう。しかし、このブログにはとある思いが欠けている。欠けているというよりあえて触れていない感情がある。

それは・・・・・・・・・・。

常に襲い掛かる強烈な不安である。

一体、この事件の結末はどうなるのだろう?どれくらい時間がかかるのだろう?どうして、こんな風になったのだろう?・・・・・・・だろう?・・・・・だろう?・・・・・だろう?本当にこれでよかったのだろうか?

そういう思いが頭を駆け巡る。そして、心が折れそうになる。時にはもうどうでもいいと自暴自棄になることもあった。

こんなことが、この闘争の間、何度も何度も訪れた。

たとえば、相手方から主張が入ってきたとき。その内容を見てどうして、私の思いをわかってくれないのだろう。相手にすらされていないのか。

周りの心配心から、早く新しい道を探しなさい。といわれたとき。自分は間違っているのか?

そして、必死になって自分を支てくれている女房の横顔に疲れを感じたとき。自分は・・・・・。

しかし、自分が折れたら全てが終わる。女房の思いに一つも答えてあげれない。
その思いのみでまた立ち上がった。この思いは誰にも話せなかった。もちろん女房にもだ。

その感情に押しつぶされそうになったある時、ブログを作ることにした。そうこのブログを。

なぜ、この感情を隠したのか?

読み返し、自分を奮い立たせるために他ならない。自分のために綴った。その時、この感情を入れてしまったら、そういう自分を認めてしまうと思った。読み返したとき、気丈に振舞う自分をそこに見たかった。そして他人事として感じたかった。

だから、叙事詩のように書かいたのだ。淡々と・・・・・

情けないかもしれないがそうすることで、自分を保つことができた。

実は、このブログの名前「闘う!不当解雇・労働問題」の由来は、会社と闘うというのもちろんだが、自分自身との闘いというのが本当の意味だった。

私にしかわからない辛さがこのブログの奥には隠れている。読み返すたびその痛みが甦る。

このブログの意味合いが変わってきている。この事実を伝えたい。私と同じ思いをする人間を一人でもなくしたい。

それが今のこのブログ、「闘う!不当解雇・労働問題」。 。。

管理人

 

→不当解雇撲滅に一票!

 

スポンサーサイト

テーマ:刑事事件・裁判関連ニュース - ジャンル:ニュース

【2008/04/18 10:32】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
<<第5章 5-8 労働審判結審 | ホーム | お知らせ>>
コメント
はじめまして、GaOと申します。

僕も不当解雇で会社と闘い、誰かのお役にたてたらと思い、その記録をブログに綴りました。

僕が退職した理由~解雇は不当だ
http://taisyoku-kaiko.seesaa.net/

muttamanさんの経験は、きっと他の誰かの役に立ちます。

頑張って下さいね。
【2008/04/18 14:51】 URL | GaO #-[ 編集] | page top↑
あし@から来ました

私の姉も何度も不当解雇にあいました。

泣き寝入りする事が多い中戦う事を選択する勇気!
すばらしいですね

私も【ドメスティックバイオレンス】に悩む人の為に
サイトを作成している部分もあり

muttamanさんのサイトに共感します
応援させて下さい!

やっぱり弱者は協力し合い知恵をつけなくてはいけませんよね
ヾ(o≧ω≦o)ノ

お互い頑張りましょう
【2008/04/19 22:05】 URL | ままJapan #B7q/.fmY[ 編集] | page top↑
おはようございます。
はじめまして

許されないことばかりですね
【2008/04/20 09:18】 URL | miho #-[ 編集] | page top↑
こんにちは!

不安や悲しみを綴りたくない気持ちは良くわかります・・・
強くなって立ち向かっていかなければならないからこそ
泣き言は言っていられないんですよね。

なんだか、自分が子供の頃から習ってきた道徳・常識を
否定するかのような人達のなんて多い事か・・・
頑張ってください。
【2008/04/20 14:38】 URL | ステッピー #-[ 編集] | page top↑
お返事遅れてすいません。
1週間きったのですね。
私も実際一週間前は不安でした。
弁護士もいい加減にやられてやっつけっぽく
やられてましたし。(2回目は弁護士と打ち合わせなしでぶつけ本番でした。)
審判員は、それなりにしっかりとした方なので
弁護士が頼りなくてもそこそこなんとかなります。
主張したい点だけをしっかりまとめておくとよいと思います。
不安はやっぱり前も後も続きます。
しかし、決着をつけないと前に進めないので
いい意味で緊張されているのはよい事だと思います。
【2008/04/21 18:13】 URL | 加藤チャラ #3/2tU3w2[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://futokaiko.blog82.fc2.com/tb.php/62-82c69863
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。